異伝最上義光 立志編

鈴木旭(すずき・あきら)
歴史小説 定価(800円+税) 2012年1月27日発売

■著者インタビューLinkIcon

<本書の概要>
第1回歴史群像大賞受賞者の小説界復帰作品
 1994年に学研の第1回歴史群像大賞を「うつけ信長」で受賞し、その後はノンフィクションで活躍していた著者が、満を持して世に問う歴史小説の再デビュー作品。
 尾張の織田信長が頭脳的な作戦を駆使して大軍の今川義元を破り、その名を天下に知らしめた後、甲斐の武田信玄が密かに入京の機会をうかがっていた永禄年間の後期。
 表面上は静かに見えた東北地方でも、水面下では覇権争いの動きが加速化しつつあった。羽前山形の最上宗家。開祖が斯波兼頼という由緒ある家柄でありながら、いまは米沢の伊達家に首根っこを押さえられ屈辱を味わっている立場。10代当主義守はお家存続が大事とばかりに伊達家の顔色をうかがっているが、嫡男義光はそんな父の態度に我慢ならず自主独立の炎を内に燃やしていた。義光の攻撃的な気性に不安を覚えた義守は家督を次男の義時に譲り、伊達家との友好関係を保持しようとする。伊達家の当主は輝宗。後に勇名を馳せる梵天丸(政宗)はまだ2歳そこそこの幼子だった。
 火花がはじける。父義守と次男義時が、義光抹殺へと動き始めたそのとき、機が熟したとばかりに義光が起つ。城から闇夜にまぎれて脱出した義光のもとに、最上家の権威復活を待ち望んで密かに連帯していた者たちが一気に結集する。義光の幼馴染みで山寺立石寺にて修行中の身だった光源坊(氏家守棟)、義光脱出を手引きした山家兄弟(義治、知治)、最上家と縁の深い五光山宝幢寺の尊海和尚……。そして、義光決起の時を陰で仕組んでいた黒幕は意外にも……。
 歴史的評価が「好」「悪」に二分されて、未だ人物像が定まっていない戦国武将最上義光。その最上義光の生涯を独自の歴史観と鑑識眼で活写し、新鮮な人物像を描き出す『異伝最上義光』の第1巻「立志編」。
 冒頭から主要人物たちが生き生きと躍動する、歴史小説ファン必読の一書。

〈目次〉
一 冬眠から醒めた熊
二 百丈岩の誓い
三 出直しの小僧丸
四 上方風の町づくり
五 船出の朝
六 熊ときつねの戦い
七 新時代を開く


 

ご購入の際は書店をお選びください

■BookLiveで購入LinkIcon
■紀伊國屋書店BookWebで購入LinkIcon
■ソニー・リーダー・ストアで購入LinkIcon
■楽天Koboで購入LinkIcon
■Kindleストアで購入LinkIcon
■hontoで購入LinkIcon
■どこでも読書で購入

鈴木旭(すずき・あきら=本名)



  歴史作家。平成6年(1994)5月、『うつけ信長』(学研・歴史群像新書)で「第一回歴史群像大賞」受賞。著書多数。歴史研究家としての豊かな知識と経験をベースに著作活動を展開。いつもユニークな視点と史論が話題になる。
 最新作の「面白いほどよくわかる日本史』『面白いほどよくわかる世界史』『面白いほどよくわかる戦国史』『面白いほどよくわかる古代日本史』(いずれも日本文芸社刊)四部作は、最近の出版界では特筆に値するロングセラーブックスとして注目を浴びている。
 昭和22(1947)年6月、山形県天童市高擶(たかだま)生まれ。東京都品川区八潮在住。中学卒業後、仙台の東北工業大学電子工業高等学校に進学。時代最先端の電子工学を学びながら途中で進路変更し、法政大学第一文学部入学。地理学と史学、経済学を同時に学び、独自の歴史観を確立する。
 三十代半ばまで浪人暮らしの後、ジャーナリストとして独立。リクルートやダイヤモンド社、学研でビジネス、サイエンス、ニューメデイア、ロボットなどの情報誌で縦横無尽に健筆を奮った後、学研「歴史群像シリーズ」創刊に関わったことがきっかけで歴史作家業に専念。
 ノンフイクション専門の歴史作家として筆を振う一方、歴史家・歴史研究家として古代祭祀遺跡の調査研究活動に従事。古代祭祀学という新分野を開拓する。いま、ノンフイクション専門の歴史作家からフイクションの小説界に復帰。キャリアを生かして歴史小説界に新風を吹き込む勢いあり!
鈴木旭の著書一覧

鈴木旭関連情報

異伝最上義光 立志編


鈴木旭/歴史小説/800円+税

2012年1月27日発売
◆異色の戦国武将の生涯を著者独自の史料解釈と想像力で描いた壮大な物語の第1巻。

詳細はこちらLinkIcon

うつけ信長

鈴木旭/歴史小説/700円+税 
2012年8月10日発売
◆第1回歴史歴史群像大賞受賞作品の電子書籍化。桶狭間の戦いまでの若き日の信長の躍動する姿を活写。
詳細はこちらLinkIcon