いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第114回:揺れ動く世界 

 「プーチンも狂ってるかもしれないが、ゼレンスキーはもっと狂っている」
 山口県下関市で刊行されている『長周新聞』web版(2022年3月17日付)掲載の、東京外国語大学教授の伊勢崎賢治氏への長文インタビューでの同氏の発言である。
 前回、ウクライナのゼレンスキー大統領が総動員令に署名し、戦闘に加わることを国民に呼びかけたことに疑問を呈しておいた。伊勢崎氏の発言は、まさにそのことについてのものである。同氏は元国連職員として世界各地の紛争地域での紛争処理や武装解除にあたってきた専門家である。とはいえ、これまでの氏の発言には微妙なズレを覚えることが何度かあったが、今回はそうではなかった。
 伊勢崎氏によれば、第二次世界大戦後につくられたジュネーブ諸条約によって、戦闘員と非戦闘員(民間人)を区別し、非戦闘員は保護しなければならないことになっているという。確かにジュネーブ諸条約の「第4条約」は戦時における文民の保護に関するものである。
 「国家が扇動して『市民よ銃をとれ』というのは、現代ではやってはいけないことだ。敵から見れば『国家が戦闘員といっているのだから誰でも容赦なく撃てる』」とも述べ、そんな大統領を「ヒーローといっている」とまで付け加えている。まさに前回の指摘どおりである。
 それだけではなかった。伊勢崎氏は、ゼレンスキー政権が市民に無差別に武器を配っていることも指摘している。それをヨーロッパでは、第二次世界大戦中の「パルチザン」のイメージに重ねて報じられていて、戦前回帰の大熱狂、まさに日本と同じだと呆れ、次のように指摘している。
 「なぜ先の大戦で国家のために一般市民があれほど犠牲になった日本国民がそれを応援するのか? 『市民は死ぬな』という応援ならいいが、『市民よ、銃を取れ』という国家をなぜ応援するのか?」

 前回取り上げたフィンランドのような緩衝国家についても述べている。
 フィンランドはEUの加盟国だが、NATO加盟国ではない。ロシアと友好条約を結んでいるロシア寄りの中立国であり、NATO側の軍事基地をおいてこなかった。これは「東西いずれかの陣営を攻撃するような他国軍の基地をつくらないという」国家の意志だという。
 まさにロシアと1,300キロという長い国境線を共有しているからこその選択だったが、今回のロシアのウクライナ侵攻が、相互防衛協力関係にあるスウェーデンとともに世論の流れを変えてしまい、両国ともNATO加盟に前向きになりつつあるようだ。2月26日、ロシア外務省はすでに「NATO加盟が軍事・政治的悪影響をおよぼすだろう」と、両国に対して警告を発しているが、どう動くのであろうか。

 日本の目の前には大国中国があり、もう一方の大国アメリカは1万キロ離れた海の彼方だが、やはり日本は緩衝国家である。しかも全土に米軍基地が配備され、南西諸島や沖縄には米軍と一体となったミサイル基地配備が進行中である。先のフィンランドとロシア間のような友好条約には逆行して、積極的に軍事基地整備を進めている。
 しかしながらアメリカという国は、「軍事上の必然性(駐留の必然性)があっても、世論がそれを支持しないことを政治が判断したら無責任に退く」。最終的には世論や議会の了解なしには米軍は動かない。
 ではどうするのか。伊勢崎氏は、よほどの理由がないかぎり侵略はできないだろうし、緩衝国家はその隣にいる軍事大国と同程度の軍事力をもつ必要もないと言う。一例として、緩衝国家でありながらNATO加盟国であるノルウェーを挙げる。ノルウェーはロシアと接する北部を非軍事地域に指定し、国軍は非軍事地域ではロシアを刺激するような軍事演習をしない。ここでも日本は逆行している。ノルウェーにならうなら、南西諸島、沖縄、北海道は非軍事化しなければならない地域にあたる。

 北欧のアイスランドは、北海道と四国を合わせた程度の国土に総人口35万5,000人という小国で、NATO加盟国である。ロシアの弾道ミサイルは、アイスランド上空を越えてアメリカに達する。それを調査・観測するためにも重要な米軍基地があったが、2006年、55年間続いてきたその基地が撤退した。その際にアイスランド政府が出した結論は、ロシアを刺激さえしなければ軍隊も不要というものだった。これは必ずしもロシアの言いなりになるということではなく、人権に関しては一切妥協もしないという。ただ国外に平和維持目的で派遣するためのアイスランド危機対応部隊(またはアイスランド平和維持部隊)という軍事組織はあるという。
 これまで伊勢崎氏をどちらかといえば軍備増強論者と思っていたが、誤解だったようだ。同氏によれば、日本の場合、米軍にかわる軍事力として必ずしも自衛隊の増強は必要ないともいう。そこで次のように述べている。
 「敵をどのように捉え、その敵とどう付き合うかという国家の“意気込み次第”で、新しい安全保障体制を築くこともできる」
 理想的にはそうであろうが、いまの日本ではこれが最も難しいことかもしれない。いつになったらそんな意気込みのリーダーが登場し、新たな外交を展開できるのであろうか。あまりにも政治の劣化が激しく、国民もそれに慣れて当たり前になってしまっている。ほとんど絶望的である。インドのしたたかな「全方位外交」を見ていると羨ましくさえ思える。

 前回の原稿を書いてから1カ月以上も過ぎ、ウクライナの事態はさらに悪化してきた。破壊され尽くされた都市や村の光景が連日テレビで流され、ボカシの入った遺体の映像も少なくない。キーウ(キエフ)州のブチャでは大虐殺があったとされているが、第三者組織による検証をアメリカとイギリスが却下し、なにか腑に落ちないままに真実は葬られようとしている。
 戦争という状況に陥ってはいけない。ひとたび戦争という特殊な状況になれば、人間はとんでもない暴力をふるう。普段ならまさかと思える残虐な行為に手を染める。ありとあらゆるとんでもないことが起こりうる。戦争は、絶対に回避しなくてはならない。これが今回われわれが得た大きな教訓である。
 残念ながら今回は戦争を回避できなかった。ウクライナのリーダーの認識が甘すぎた。ロシアの軍事的脅威を認識していながらもミンスク合意に真剣に向き合わず、NATO加盟にこだわった。ゼレンスキー大統領には、自らの判断で多くの国民を死に追いやったことへの反省の色はなく、いまもヒーロー然としている。
 プーチン大統領はどうしたのだろう。ほとんど得るものなどないはずなのに、なぜこんな大きなリスクを冒してまで侵攻を決断したのか。この無謀な行為をいったいいつまで続けるつもりなのか。そして副大統領時代からウクライナとは親密だったバイデン大統領。ロシアのクリミア侵攻のときは副大統領、今回の侵攻時には大統領と、どちらの場合も政権中枢にいる。これはたんなる偶然か。ウクライナに命をかけて戦わせてアメリカ経済は潤う。これは大統領選のためなのか。アメリカは死の商人か。
 そして、世界の分断はさらに加速しそうな気配がある。アメリカ側につく国とそれ以外の国に、アメリカによって色分けされそうだ。いったいこの先世界はどう揺れ動くのか、皆目見当がつかない。(2022/04)


<2022.4.12> 

ハリキウ(ハリコフ)にて(3月13日)/ウクライナのVistaCreate社運営のフォトライブラリDepositphotos内の著作権フリーサイト「ロシアによるウクライナ戦争の真実」より

ハリキウ(ハリコフ)にて(3月24日)/同上

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon

第115回:老いるLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon