いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第77回:豊洲市場、その後

 前々回になるが、豊洲市場に関する進行中の裁判について取り上げた。この3月5日、審議をすすめていた最高裁判所の判断が出たようだ。新聞もテレビもまったく報道しないので、今回も福岡のデータマックス社が運営する「Net IB News」を参考にまとめてみる。
 軽くおさらいしておくが、この裁判は2018年6月、5人の築地仲卸業者らが東京都を相手取り、豊洲市場水産仲卸売場棟の耐震偽装・建築基準法令違反の是正を求めて提訴、7月にこの建物の仮の使用禁止を要請する申立を行った。原告団によれば、水産仲卸売場棟は1階柱脚部分の鉄量が必要量の56%しかないことや、構造計算に耐震偽装があることなど、重大な建築基準法令違反が疑われるという。
 10〜11月にかけて東京地裁は申立を却下、東京高裁は抗告棄却。そこで申立人は東京高裁へ、最高裁宛の「特別抗告」と高裁宛の「抗告許可申立」を提出したところ「抗告許可申立」が認められ、最高裁の判断を仰ぐことになった。これは、極めて稀なケースだった。
 そして年が明けて3月5日、最高裁はものの見事に「抗告を棄却する」と決定した。今回の動きにはかすかな良心を期待してみたのだが、やはり無理だった。申立人の弁護士によれば、最高裁は、地裁、高裁の判断を是認できるとしたものの、なぜ是認できるのか、申立人の主張を認めない理由についての説明はなかったという。
 この裁判で原告の技術支援をしている仲盛昭二氏(構造設計一級建築士)は、「最高裁も地裁や高裁と同様、行政への忖度があったとしか考えられません」と述べている。つまり、いま豊洲市場が使用禁止となれば、都民の生活や販売業者や飲食店などに与える影響は深刻なものになる。東京都がそのような混乱を避けたいのは当然で、裁判所が東京都に忖度したということである。
 しかし、疑われているのは市場の建物の強度や耐震偽装である。もしもの話だが、東京湾岸が地震で揺れた場合、他の建築物は大丈夫でも、豊洲市場、とくに水産仲卸売場棟はあっけなく倒壊してしまう可能性がある。市場で働いている方のツイッターにはこんなものもあった。
 「みんな4Fのトイレの便座に座ってみたらいい。尋常じゃなく揺れるから。いつか崩れるのではと不安になるよ」
 仲盛氏は「豊洲市場問題プロジェクトチーム」の委員でもある日本建築構造技術者協会(JSCA)の森高英夫会長にも訴え、資料を要請してきた都議会議員にも必要なものは送っているが、まったく取り上げられた様子はないという。同氏は最後に次のように訴えている。
 「東京地裁も東京高裁も最高裁も、具体的な審理に踏み込まず、訴えを却下することを念頭に置いているように思えます。それが行政を守る道なのでしょう。しかし、日本国憲法は三権分立を謳っています。司法自らが、憲法を否定するようであれば、司法が社会秩序を乱しているという恐ろしい状況になります。司法には、行政に忖度することなく、公明正大な判断を示していただきたいと思います」
 もはや東京都や裁判所には、建築物の安全性や人命を優先させる考え方はないということだが、いったいどうなるのであろうか。3.11関連の原発事故も、以前から津波対策が指摘されていたにもかかわらず、「問題ない」と退けてきた結果だった。
 
 3月12日夜、ネット上に豊洲市場関連の驚くような報道が流れた。『毎日新聞』電子版が報じたようだ。この欄のNo.73「築地へ帰ろう!」で、「場内の机や帳簿に降り積もる黒いチリ」として指摘していたのだが、そのチリの正体が判明したという。『日刊ゲンダイ』は13日付で大きく扱ったが、地元紙ともいうべき『東京新聞』の鈍さには驚いた。いずれ「特報面」で大きく扱う予定かもしれないが、15日付でほんの小さく取り上げたのみである。
 この件は、昨年の『日刊ゲンダイ』(12月5日付)で報じられているが、ネット上ではもっと前からツイッターなどで話題になっていた。その『日刊ゲンダイ』には、建物の床に真っ黒な粉状のチリが降り積もっていて、水に濡れると泥のようになり、触ると真っ黒な粉がベッタリと付着する。建物内の空気がよどみ、業者から「市場に入ると咳が止まらなくなる」「喉が痛い」「喘息のような発作が出て、夜も眠れない」などの健康被害が続出と記されている。当時、この黒いチリについて都に問い合わせても、返答はなかったという。
 今回の『日刊ゲンダイ』(2019年3月13日付)の報道によると、そのチリ(以下、黒い粉塵)の正体は、共産党都議団が専門家に分析を依頼して判明したもので、12日の都議会予算特別委員会でも取り上げられた。
 黒い粉塵の分析を担当したのは、東京農工大の渡邉泉教授(環境資源学)で、昨年12月、水産仲卸売場棟4階の駐車場脇で採取したものを分析。黒い粉塵の正体は、ターレやコンクリートの成分で、タイヤや路面が磨り減ったもののようだ。アンチモンの濃度が自然界の170倍、亜鉛96倍、プラチナ43倍、カドミウムは12倍になるという。とくにアンチモンの毒性は強く、継続して吸い込むと肺炎、気管支炎、生殖障害などを引き起こし、カドミウムは骨がもろくなって激痛が走るという。
 渡辺教授は「自然界ではあり得ません。あまりに異常なデータだったため、分析した学生が実験ミスではないかと疑ったほどでした」と語る。また築地市場は開放型で絶えず水で洗い流していたが、閉鎖型の豊洲市場では水の使用にも制約があって粉塵が滞留し、危険な作業環境だ。今回は1箇所の調査だったが、大気中も含めた複数箇所を分析調査して、全容をつかむ必要があるとも述べている。
 このような報道に対して、都側は粉塵量の測定結果を初めて公表した。昨年10月と今年1月の2回にわたって市場内19箇所で、空気中に含まれる粉塵量を測定した結果、すべて法律で定められた基準値を下回っていて「市場内の環境は良好に保たれている」という(「NHK NEWS WEB」同年3月14日付)。
 有害物質について触れていないところをみると、空気中の粉塵量を調べたのみで有害物質の分析調査は行っていない。あたかも粉塵量が基準以下だから有害物質があっても問題ないとでも言わんばかりである。より詳細な分析調査や健康被害調査を要求しているのだがそれには応えず、床や天井の清掃回数を増やしていると述べるのみだ。
 築地市場では毎日何回も大量の水を流して床を洗ってきたことによって、粉塵被害を防ぐことができたのだが、それに対応できる排水設備もあった。これに対して、閉鎖型でドライフロアの豊洲市場では大量の水を流すことは想定されておらず、マンションのベランダ並みの排水設備しかないのである。
 これから梅雨、真夏をひかえてどういう状況になるのかと思うと空恐ろしくなる。そこで働くひとたちの健康、そして扱うものも食品だけに深刻な問題なのだが、都は「問題ない」で済まそうとしているようだ。 (2019/03)

     
<2019.3.20> 

豊洲市場遠望(2016/09)

豊洲市場正門(2018/11)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと
  

第41回:寺離れLinkIcon 

第42回:もうひとつの「日本死ね!」LinkIcon 

第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問LinkIcon 

第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰でLinkIcon

第45回:バーニー・サンダース氏の闘いLinkIcon 

  

第46回:『帰ってきたヒトラー』LinkIcon  

  

第47回:沖縄の抵抗は、まだつづくLinkIcon 

第48回:怖いものなしの安倍政権LinkIcon

第49回:権力に狙われたふたりLinkIcon

第50回:入れ替えられた9条の提案者LinkIcon 

第51回:ゲームは終わりLinkIcon 

第52回:原発事故の教訓LinkIcon

  

第53回:まだ続く沖縄の闘いLinkIcon

第54回:那須岳の雪崩事故についてLinkIcon 

第55回:沖縄の平和主義LinkIcon

第56回:国連から心配される日本LinkIcon 

第57回:人権と司法LinkIcon 

第58回:朝鮮学校をめぐってLinkIcon

第59回:沖縄とニッポンLinkIcon

第60回:衆議院議員選挙の陰でLinkIcon

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon