いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第127回:衆参補選・統一地方選挙

 小欄124回目「世襲政治家」で、衆議院山口2区補選の岸信千世氏を取り上げたこともあって、その後も同氏の動向を追っていた。自身のホームページに掲載した「家系図」が叩かれて即日削除したと思いきや、時間もおかずにすべてを削除し、真っ白なホームページにしてしまった。もしや、そのホームページのままでの選挙戦かと気になっていたら、裏をかかれてしまっていた。「岸信千世」で何度も検索してもヒットしなかったのだが、ある日「岸のぶちよ」と入れてみたら即座にホームページが現れたのだ。
 そんな奥の手まで使って……と呆れたのだが、気がついたのが4月22日、投票日前日である。迂闊だった。いったいいつからそんな手を使っていたのか。いまは「岸信千世」で検索しても、すぐに「岸のぶちよ」へと辿り着けるようになっている。
 
 投票日の4月23日夜、ぼんやりテレビを眺めていたら、投票締め切りの夜8時と同時に衆議院山口4区補選、安倍晋三元首相の後継、吉田真司氏の当確が出て我が目を疑った。そして2時間後には岸信千世氏にも当確だ。
 投票率は山口2区が42.41%、4区が34.71%で、あまりにも低い。岸信千世氏については、世襲を前面に打ち出したことへの反発も少なくなかったと思われるが、「投票率が低いほど力を発揮する先祖譲りの強固な組織に救われた」(『日刊ゲンダイ』2023年4月28日付)という指摘には納得させられた。
 山口県の有権者の奮起に少しは期待していたのだが、やはり無理だったようだ。ジャーナリストの角谷浩一氏は「異様さ。閉鎖的であり、封建的」と呆れたように記していた(『日刊ゲンダイ』同年4月24日付)。こんな選挙には付き合っていられないと思うのなら、せめて対立候補に票を投じてほしかった。

 引き続き、『日刊ゲンダイ』(同年4月25、26日付)の記事を参考にさせていただく。
 今回の補選は、衆議院千葉5区、和歌山1区、山口2・4区、参議院大分の5補選が行われた。乱暴な安倍政治をそのまま継承しているかのような岸田文雄政権の中間評価的な意味合いもあったのだが、自民党は3勝2敗という当初の読みを上回って、4勝1敗という結果を出した。惜しいかな、和歌山1区は日本維新の会に譲った。

 この結果をうけて、岸田政権は「我が世の春」とばかりに浮かれているのかと思いきや、勝ったとはいえ、票が取れていないという。勝ったところでも山口4区以外は大接戦で、その山口4区でさえ目標の票数には及ばなかった。解散・総選挙を急かす声もあるが、このままでは議席激減も危ぶまれるという。
 
 投票日の翌日、日本維新の会(以下、維新)の馬場伸幸代表は記者会見を開いた。天下を取ったような表情で、全国の自治体の首長と地方議員が774人になったという集計結果を発表した。改選前勢力の1.5倍の600人が目標だったから、大躍進である。奈良県で大阪以外で初めての公認知事が誕生するなど首長が8人を占めるほか、22人だった東京の地方議員が73人へと急増。ぼくの居住地の区議選でも4人が立候補して3人が当選。この着々と勢力を拡大していく様子を、どううけとめたらよいのだろうか。
 自民党は、東京21区の区議選の公認候補295人のうち70人が落選で、党関係者は青ざめたというが、関西圏でも大敗、全国的には改選前よりも1議席上積み。公明党も党勢衰退が顕著だった。候補者1,555人中12人という最多落選数で、総得票数も前回よりも50万票も減らした。
 衆参補選で完敗の立憲民主党(以下、立憲)は、地方選挙全体では768人から773人へとわずかに伸ばし、日本共産党は135議席減と改選前議席の1割超減と大きく後退した。統一地方選挙初挑戦のれいわ新選組は82人を擁立、関東圏を中心に47人が当選したが、維新の大躍進には遠く及ばない。
 
 そんな維新とは対象的に、野党第一党の立憲は支持率も低迷したままである。そうしたタイミングで、G7サミット後に衆議院解散・総選挙の噂も聞こえてきていて、立憲内部では、野党第一党の座転落の危機感に襲われているという。
 「Samejima Times」(同年5月6日付)では、次のような予測をしている。
 立憲の議員たちは、いまのままでは次の衆院選が闘えないと判断すれば、さっさと新たな「野党第一党」へと乗り換えるだろう。そもそも衆議院解散の時点で立憲は空中分解して多くが維新へと雪崩れ込み、衆院選は「自民vs維新」で行われるのではないかという。
 勢いに乗る維新の馬場代表は、次の衆院選では全選挙区に候補者を擁立するとともに、野党第一党になることを明言している。立憲を解党に追い込み、その一部を引き入れると同時に野党第一党として全国政党への脱皮をはかろうとしているのだ。
 維新はテレビをうまく取り込むことにも長け、いまの勢いなら容易に可能とも思えるが、実際は内実も厳しい。有能な候補者を、各地域にあまねく確保することがいかに難しいことか。
 
 5月9日付『東京新聞』の一面トップの見出しは「入管法改正案 衆院通過」である。リードには「自民、公明、日本維新の会、国民民主各党などの賛成多数により可決された」とある。
 国連特別報告者より、国際人権基準未満と指摘を受けるレベルの法案が容易に国会を通っていく。立憲の一部のみならず国民民主も維新に吸収されそうだが、それらが自民、公明とまとまれば、それが当たり前のことになっていく。
 東京に軍事同盟であるはずのNATOの事務所開設という報道もあれば、『TIME』誌は岸田首相を表紙に掲げ、「長年の平和主義を捨て去り、自国を真の軍事大国にすることを望んでいる」と紹介している。なんと暗澹たる近未来ではないか。なお、『TIME』誌に対して日本政府が抗議し記事の見出しは変更されたようだが、表紙の文言に変更はない。
 折も折、5月12日の参議院本会議において、維新の梅村みずほ議員は入管で死亡したウィシュマさんと支援者を貶める、暴言ともいえる発言を堂々と行った。これが代表質問であったことを考えると、個人の資質以前に党自体に大きな欠陥がありそうだが、それを疑問とも思わない有権者が多数派となっていくのであろうか。
 「Samejima Times」の鮫島浩氏が、自分たちの望む本物の野党第一党は維新ではないはずだと訴えてくれているのがせめての救いである。そもそも、自民党と連立を組む可能性のある野党第一党など不要なのだ。
 鮫島氏は、新たな野党第一党をつくる気骨と実力のある人材は国会議員にこだわる必要はなく、知事や市長の現職や元職など地方からの政界再編のうねりに期待しているという。辞任したばかりの前明石市長、泉房穂氏のような人物を思い描いているように思われる。最後に次のようにまとめている。
 「自民・立憲の二大政党制への失望感が渦巻く現状を目の当たりにして、私はむしろ政界の新たな地殻変動のはじまりを予感している。維新の台頭はその幕開けに過ぎない」
 しばらくはトンネルの中を彷徨うことになるが、いずれ明かりが見えてくるとでもいっているようだ。憂鬱な世はまだまだ続く。 (2023/05)


<2023.5.17> 

日本維新の会HPより

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon 

第124回:世襲政治家天国LinkIcon 

第125回:原発回帰へLinkIcon 

第126回:沖縄県の自主外交LinkIcon 

第127回:衆参補選・統一地方選挙LinkIcon 

第128回:南鳥島案の行方LinkIcon 

第129回:かつて死刑廃止国だった日本LinkIcon 

第130回:使用済み核燃料はどこへ?LinkIcon 

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思うLinkIcon 

第132回:ウクライナ支援疲れLinkIcon 

第133回:辺野古の行方LinkIcon 

第134回:ドイツの苦悩LinkIcon 

第135回:能登半島地震と原発LinkIcon 

第136回:朝鮮人労働者追悼碑撤去LinkIcon

第137回:終わりのみえない戦争LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon