いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第89回:新型コロナウイルスをめぐって

 つい先日、土曜日の午後だったが、必要にせまられて日本橋の百貨店に出かけた。店内は客がまばらというほどではなかった。「なんだ、ちゃんと客は入っているじゃないか」というのが素直な感想だ。
 新型コロナウイルスのせいで銀座、観光地としての浅草など客もまばらといったニュースを目にしていたので、どんなものかと思ったのだが、客はまばらではなかったし、しっかり買い物もしていそうだった。ただ往復の地下鉄の車内は、明らかに乗客は少なかった。
 その2日前の夜、大手ビールメーカーが運営するビアレストランに入った。気の利いたつまみがあるので、何度も利用している店だ。夕方5時半頃から7時頃までいたが、ぼくらを含めて客は3〜4組。普段であればほぼ満席になる店だから、相当厳しい。しかも店員はひっきりなしにテーブルや椅子を拭いている。可哀相なくらいだった。
 もっと近く、近所を見まわしてみると、平日なのに小学生が元気にサッカーボールを蹴っているほか、出歩く人はさほど減ったとも思えない。

 WHO(世界保健機関)は3月11日、新型コロナウイルスの感染について、世界的な流行を意味する「パンデミック」と認定し、各国に対策の強化を訴えた。勉強不足なぼくは、「パンデミック」なる語を知ったのは10年ほど前である。それも新型インフルエンザを通してではなかったように思うし、新聞やテレビでこの語を目にするのは、ぼくは初めてのような気がする。
 そんなことを思いながら、パソコン上に保存されている情報を調べてみたところ、辺見庸氏が『週刊金曜日』のインタビューで述べたものだった。彼は本来の意味とは異なる現象について、「パンデミック」という語をあてはめて用いていた。
 まず経済、自然災害、病理などの外部的な破局について述べ 、さらに人間としてのモラル、社会規範、民主主義のありようの破局、これらが世界規模で起こっているという10年前の指摘である。その辺見氏が、今回の新型コロナウイルスについて「コロナファシズム」という語を提出し、次のように記している。
 「コロナが『国家』を立ち上げている。国家はコロナを奇貨として聳立している」(「辺見庸ブログ」2020年3月3日付)
 たとえば新型コロナウイルスの問題がなかったとしよう。国会は桜を見る会の問題や、河井克行・案里夫妻の問題、黒川東京検事長の定年延長の問題が追及されていたはずだった。新たな資料や疑惑も出てきていたので、安倍晋三首相は相当追い込まれる状況だったにもかかわらず、新型コロナウイルス問題のためにすべて吹っ飛んでしまった。
 それに加えて新型コロナウイルスの急拡大に備える改正特別措置法を成立させた。首相の判断で「緊急事態宣言」を出して私権を制限することも可能にできることが目玉だが、アメリカやスペイン、イタリアなど15の国や地域で緊急事態を宣言しているところをみると、安倍政権が容易に持ち出してもさほど違和感のない環境になりつつあるともいえる。安倍政権にとっては、まさに「奇貨」ともいうべきものだった。なんということであろうか。
 
 およそひと月以上も前から、テレビや新聞では、日本のPCR検査がすすまないことについて取り上げられているが、いまだに改善されることはない。検査に積極的な国、消極的な国があるので、同じ土俵で数値を比較できないはずなのだが、テレビでは各国の感染者数や死亡者数を比較して、コメンテーターが感想を述べたりしている。
 WHOの緊急対応責任者マイク・ライアン氏が「感染していそうな少数の人しか検査をしないのであれば、前に進めない。(中略)検査の条件を症状のある人や一定の年齢以上に限り、いまだに中国への渡航歴に結びつけている国がある」(『朝日新聞』同年3月13日付)と、明らかに日本政府の姿勢を批判している。
 日本のこうした現状について、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が2月26日付ツイッターで妙な呟きを投稿していた。
 「感染者を減らしたい官邸と、沢山検査したくない感染研・医系技官の思いが見事に一致しましたね。検査しないから重症例に偏り、パニックになっています。(中略)日本は蔓延国とみなされつつあります。このままでは、東京五輪はだめでしょうね」
 ぼくは「ん? なんだろうな」と思った程度だったが、翌日テレビ朝日の「モーニングショー」に登場した岡田晴恵白鴎大学教授は、偶然連絡のとれた中枢にある政治家から聞いた話として暴露していた。
 「私はうがった見方をしていて、オリンピックのために汚染国のイメージをつけたくないという大きな力が影響しているのかなと思って、先生方に聞いたのですが、『そんなことのために数字をごまかすほど、肝の据わった官僚はいない。これはテリトリー争いなんだ。このデータはすごく貴重で、地方衛生研究所から上がってきたデータは、全部、国立感染症研究所が掌握しており、このデータは自分で持っていたいと言っている感染研OBがいる。そこらへんがネックだった』とおっしゃっていました」
 続いてこのOBは誰かと調べ上げたのが、ジャーナリストの新恭[あらた きょう]氏である。2019年3月に国立感染症研究所獣医科学部長を退任し、岡山理科大学獣医学部微生物講座の教授に就任した森川茂氏に行き着いたようだ。森川氏は現在でも感染研への発言力を維持している実力者という(「MAG2NEWS」同年3月6日付)。
 岡山理科大学獣医学部、つまり2018年4月に開学した加計学園獣医学部である。感染研からは、森川氏のほかに准教授、助教各ひとりが赴任している。新型コロナウイルス騒動が、まさか加計学園に行き着くとは思いもしなかった。
 ところで2月14日、中国から日本へ1万2,500人分の検査キットを感染研に無償提供されているのだが(『毎日新聞』同年2月25日付)、それが使用されたという報道がまったくない。また、ドライブスルーを含む韓国式のPCR検査を欧米各国が採用しはじめ、それが世界標準となりつつあるようだが、日本は頑なにその採用を拒否している。これらの事情もすべて「そこらへんに」がネックになっているのであろう。
 こんな政府の姿勢に抗して、当初から独自に積極的な検査をしてきたのが和歌山県で、新潟市も新たに続くようだ。

 新型コロナウイルスの拡大防止策を検討する政府の専門家会議について、岡田教授はテレビで「私は専門家会議のメンバーではありませんし、なりたくもありません」と話していて、思わず噴き出したことがあった。先の上昌広氏は「帝国陸軍の『亡霊』が支配する新型コロナ『専門家会議』に物申す」(「新潮社Foresight」同年3月5日付)という論考で、専門家会議のメンバーたちの出身母体について明らかにしている。タイトルにあるとおり、日本は多くの分野でまだまだ戦前の体制を引きずっていて、そこを壊さないかぎり、生まれ変わることはできないことを痛感する。
 
 3月12日、IOCのバッハ会長はオリンピックの開催について、「WHOの勧告にしたがう」と述べたが、その直後日本政府はWHOに対して166億円の寄付を行っていて、「あまりにも露骨」と批判されていた(「共同通信」同年3月14日付)。こうした多額の寄付にもかかわらず、開催の最終判断は再びIOC側に戻ってしまったようである。
 そもそもぼくは東京オリンピックには反対の立場だったが、こうした事態は予想もしなかった。新型コロナウイルスによる世界規模の混乱はこれからである。とてもオリンピックどころではなくなるだろう。そんななか、「築地の水神様や波除様の祟りだ」というツイートもあって、なるほどと思ってしまった。日本政府は潔くさっぱりと諦め、新型コロナウイルス対策に本気で向き合ったほうがよいのではないかと思う。 (2020/03)


<2020.3.18> 

新型コロナウイルスの状況=2020/03/16(WHOのHPより)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon