いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第134回:ドイツの苦悩

 イスラム組織「ハマス」によるイスラエルへの奇襲攻撃から、すでに2カ月以上も過ぎた。パレスチナ自治区ガザに対するイスラエル軍の攻撃は、11月24日から7日間の休戦をはさみ、12月1日から再開された。イスラエル軍は多数の住民の避難先である南部への地上侵攻を拡大し、ガザ保健当局の発表では、戦闘開始以降の死者は1万8,000人を超え、そのほとんどが子どもと女性だという。他方イスラエル側の死者数は1,200人以上とされている。
 ハマスによる攻撃が始まった当初は、ハマスにはテロリストのレッテルが貼られ、報道もイスラエル支持があふれていた。しかし、イスラエルによる報復攻撃が始まり、それがより過激なものになっていくにつれテロ組織とは呼ばれなくなり、多くの国でイスラエルに対する抗議デモが行われるようになっていった。
 イスラエルのネタニヤフ首相は、国際的な停戦圧力にも屈することなくハマス殲滅を目標に邁進しているが、実質ガザの壊滅、パレスチナ人の民族浄化を目指しているように思えてならない。

 各国の立場も微妙だ。
 12月8日、国連憲章99条に基づき、グテレス事務総長が「人道的な大惨事の回避」を要請して安全保障理事会が開催された。ガザでの即時停戦とすべての人質の解放を求める決議案が提出されたが、常任・非常任15の理事国のうち日本やフランス、中国、ロシアなど13カ国が賛成し、英国は棄権、アメリカは拒否権を行使し否決された。
 ロシアのウクライナ侵攻を非難するアメリカが、イスラエルの侵攻・虐殺は支持し、ネタニヤフ首相は「アメリカは正しい姿勢を示した」と高く評価した。
 さらにアメリカのバイデン大統領は12月9日、イスラエルに対して戦車用の砲弾など1億650万ドル(約154億円)相当の武器売却を、民主党の重鎮議員の反対を押し切り議会の承認もなしに強行するなど、イスラエル支持に固執する姿は異様だ。

 こうしたなかで、第二次世界大戦中のナチス政権によるホロコーストという歴史をもつドイツが気になっていた。現在ドイツは国連の安全保障理事国からはずれていて、先のような採決に加わる機会はないが、政府の立場は厳しい。
 10月12日、ハマスによるイスラエルへの奇襲攻撃から5日後のことである。ドイツ連邦議会でオラフ・ショルツ首相は「我々はイスラエルの側に立つ。イスラエルの安全を守ることはドイツの国是だ」と述べ、その5日後の17日にはイスラエルを訪ね、ネタニヤフ首相に直接その思いを伝えている。
 さらに12月7日夜(現地時間)、ベルリンで行われたユダヤ教の祭り「ハヌカ」に、ユダヤ教の帽子キッパを着けたショルツ首相が出席し、巨大な燭台に献灯し、次のようなスピーチを行っている(「BBC NEWS」2023年12月8日付)。
 「ユダヤ人はドイツ社会にとって切り離すことのできない一部だ。ドイツに住むユダヤ系住民が、自分たちの宗教や文化の表現を恐れるなどあってはならないことだ」

 少しさかのぼるが11月6日夜、BS-TBS「報道特集」にて、「イスラエル支持は”国是”、黒歴史を背負うドイツの本音」という放送があったようだ。「TBS NEWS DIG」のサイトには、その詳しい紹介記事がある。
 ゲストの日本在住の翻訳家・エッセイスト、マライ・メントライン氏(ドイツ北部キールの生まれ)は、「ドイツの歴史のなかでも、ホロコーストはいちばんの黒歴史」と明確に述べている。
 戦後、その贖罪のためにイスラエル擁護を国是とすると同時に、ナチスに対する批判的な歴史教育が徹底的に行われてきた。同氏も歴史の授業で1年間かけて第二次世界大戦を学び、国語の授業ではアンネ・フランクを全部読んでみんなで話し合った経験があるという。
 第二次世界大戦中に何が起きたのか、なぜそうなってしまったのかを学ぶが、単にナチスが悪かったでは不充分で、国民がなぜそれを許してしまったのかへと突き詰める。ナチスは戻ってはこないかもしれないが、反ユダヤの思想は戻ってくる可能性があるので、それを見抜く知識を身につけるためだ。
 ドイツの基本法第1条には「人間の尊厳不可侵である。これを尊重して保護することがすべての国家権力の義務である」とあるが、”人権”を第一に捉えることもホロコーストへの反省からきているという。

 イスラエル擁護、支持がドイツの国是とされているが、その意味合いは政権によって異なるという。前首相アンゲラ・メルケル氏もイスラエルを守るのが国是という言い方をしていたが、「イスラエルがやることすべて支持かといえば、そんなことない」とやんわりと話していたという。だが、ショルツ政権は何があってもイスラエル側に立つと明言すると同時に、今回のハマスの行動をテロと言い切って各ユダヤ人団体から称賛された。
 ショルツ政権はパレスチナ支持の表明を禁止しているが、イスラエル側による過激な攻撃でガザの民間人犠牲者が増えるにしたがって、政府の姿勢に反発する声もあがっている。ドイツ各地で大規模な街頭デモも行われ、放水車を投入して取り締まる警察との衝突も起きている。さらにドイツ在住ユダヤ人からの反発まである。ネタニヤフ右派連立政権を、すべてのユダヤ人が支持しているわけではないのだ。

 言論・表現の自由は保証されているが、ホロコーストはなかったという歴史修正主義や、ユダヤ人排斥の主張は禁じられ、反ユダヤに抵触する発言には慎重にならざるを得ない。多くの市民も困惑している。ナチスの話はもう結構という層もなくはない。したがって現在のドイツ社会に反ユダヤ主義がまったくないかといえば、そうともいえないともいう。
 番組ではドイツで街頭インタビューを行ったところ、25人に申し入れて、答えてくれたひとは9人にすぎなかった。質問がイスラエルとパレスチナのこととわかると多くのひとは回答を避けた。
 『南ドイツ新聞』トーマス・ハーン記者は次のように述べている。
 「ドイツ社会は反ユダヤ主義のテーマになると、とてもセンシティブだ。イスラエルについては自由に話すことができるが、彼らがユダヤ人だからといってユダヤ人を破壊することへの弁護は一線を越えてはいけない部分だ。反ユダヤ主義者だと言われてしまうことが簡単に起こりうる。そんなつもりではなかったとしても、ただの不注意だとしても」
 メントライン氏も「発言は難しいです。今日、私も冷や汗をかきながら話している部分もあります。ドイツのなかの反ユダヤ主義はいろんな方向からきている」と述べている。さらに、ドイツのなかにはいまだに反ユダヤ主義は残っていて、ユダヤ人は不当な方法でものを入手していると思うかという質問があれば、そう思う、ややそう思うを含めれば3割におよぶという。
 記事の締めくくりを次のようにまとめている。
 「ネタニヤフ政権が強硬な姿勢を続ければ続けるほど、”反ユダヤ主義”が頭をもたげる可能性が高くなることは間違いなさそうだ」

 ところで、ドイツ公共放送ARDが10月下旬から11月上旬に行った調査がある(「НHK国際ニュースナビ――揺れるドイツ」同年12月1日付)。市民の犠牲を伴うイスラエルの軍事行動についての意見を聞いたところ、「正当化できない」61%、「正当化できる」25%、「わからない・無回答」14%という結果である。
 シュルツ首相はどこまでもイスラエルを擁護し続けるかどうか、いずれ難しい判断が迫られるのではなかろうか。ネタニヤフ首相の描く青写真では、いずれパレスチナのひとびとをシナイ半島の砂漠へと放逐し、パレスチナ全土を領有するつもりのようである。 (2023/12)

  

<2023.12.15> 

メルケル首相と副首相・財務大臣に就任した当時のショルツ氏(2018年3 月14日/Wikipediaより)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon 

第124回:世襲政治家天国LinkIcon 

第125回:原発回帰へLinkIcon 

第126回:沖縄県の自主外交LinkIcon 

第127回:衆参補選・統一地方選挙LinkIcon 

第128回:南鳥島案の行方LinkIcon 

第129回:かつて死刑廃止国だった日本LinkIcon 

第130回:使用済み核燃料はどこへ?LinkIcon 

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思うLinkIcon 

第132回:ウクライナ支援疲れLinkIcon 

第133回:辺野古の行方LinkIcon 

第134回:ドイツの苦悩LinkIcon 

第135回:能登半島地震と原発LinkIcon 

第136回:朝鮮人労働者追悼碑撤去LinkIcon 

第137回:終わりのみえない戦争LinkIcon

第138回:リニア中央新幹線と川勝騒動LinkIcon 

第139回:ある誤認逮捕LinkIcon

第140回:日本最西端の島からLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon