いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第120回:台湾有事をめぐって 

  
 10月4日、ロシアのプーチン大統領は、ウクライナの東部から南部にかけての4州の一方的な併合条約に署名した。発表とほとんど同時に併合地域からのウクライナ側による奪還が相次いだが、8日にはクリミア大橋が爆破された。ロシアによるクリミア併合の象徴ともいえるクリミア大橋である。誰の仕業か明らかではないが、怒ったプーチン大統領は10日、報復措置としてウクライナ全土に対してミサイルによる一斉攻撃を開始し、首都キーウも攻撃を開始。首都キーウまでも攻撃対象になるのは6月下旬以来となる。
 国連総会は12日、ロシアによる4州併合について違法で無効とする非難決議を143カ国の賛成票で採択したが、反対・棄権票も40カ国ある。
 世界はすでに戦時下にある、ロシアは早晩崩壊する、核戦争のイメージを持てとは、辺見庸氏の警告だ(2022年10月10、11日付、同氏ツイッター)。

 焦点を東アジアへ移してみると、「台湾有事」「台湾問題」の報道が目につく。まるでいまにも中国が台湾へ軍事侵攻するかのような話が飛び交っている。筑波大学名誉教授遠藤誉氏が9月30日付をはじめに、「Yahooニュース」上に連日のように投稿しているが、それらの論考を参考に紹介してみたい。
 国連の発足は1954年10月。原加盟国51カ国、安保理常任理事国はアメリカ、フランス、イギリス、中華民国(通称台湾)、ソ連(現ロシア)で、第二次世界大戦に勝利した連合国である。
 その後1971年10月、中華民国がもっていた代表権が中華人民共和国へ、1991年12月のソ連崩壊にともなって代表権はロシアへと引き継がれた。ロシアの場合はともかくとして、連合国のはずだった中華民国は国連から脱退させられ、多くの国々と国交を断った。そして中華民国を打倒して誕生した中華人民共和国が安保理常任理事国に収まったのである。
 遠藤氏はここに台湾問題の原点があるという。この動きを先導したアメリカ、それに追従した日本は猛省すべき、「台湾問題」はアメリカと日本によってつくり出されたという指摘だ。

 今年8月に中国政府が発表した「台湾白書」には、台湾との「平和統一」を目指すことが強調されているという。「平和統一」とは文字どおりの平和的な統一のことで、武力を用いない話し合いによる統一を指している。中国の念頭には武力侵攻ではなく、「平和統一」しかない。
 武力侵攻は中国にとって何もメリットがないのだ。もし中国が武力侵攻によって台湾を統一したとしよう。台湾のひとびとは「反共産主義、反中国」の姿勢を明確にして中国への抵抗が激化、一党支配体制を脅かすことになるだけなのである。
 習近平政権は着々と世界各国との貿易を強化してきて、いまでは中国を最大貿易相手国とする国が、世界190カ国中128カ国におよぶという。
 台湾にとっても最大の輸出国は中国である。1978年における両国の貿易総額は4,600万米ドルに対して、2021年には3283.4億米ドルまで増えていて、7,000倍を超えている。いまや、台湾にとって中国はなくてはならない存在である。中国の「平和統一」の手段は、まさに「経済でからめとっていく」やり方であり、この「平和統一」によって中国はさらなる発展へと向かうことになるはずである。

 そのような動きを、アメリカは傍観しているわけにはいかない。中国が経済的にも軍事的にもアメリカを乗り越えることは許すことはできない。
 アメリカは「台湾政策法案2022」の制定によって、台湾をほぼ独立国に近い形で認める方向で動いている。大きな後ろ盾を得た台湾の蔡英文総統はしきりに独立を叫ぶ。アメリカからはペロシ下院議長がやって来て、台湾の民主主義を守るとの声明を出す。習近平政権は「独立を叫ぶなら武力攻撃だ!」と、これまでにない大規模な軍事演習を行ってみせたが、やはり軍事侵攻はできなかった。
 アメリカは、中国の台湾への武力侵攻を望んでいる。そうすれば厳しい対中制裁を科して中国経済の発展を阻止できる。アメリカはいま、ロシアに行ってきたように中国も追い詰めようとしているのだ。そのためにもアメリカは必死に台湾有事を煽り、日本も付き合わされて一緒に煽る。それが最近の報道である。
 遠藤氏は、習近平政権による台湾への武力侵攻はないとみている。攻め込むことを匂わせて威嚇しながら独立宣言を抑えて経済的に抱え込み、がんじがらめにしていくことぐらいだろうとみる。
 アメリカもまたそれを見越して、習近平政権をギリギリまで追い込んでいるにすぎない。アメリカは製造業に関しては中国に依存している部分もあり、中国と完全に敵対することはできない。「米中のゲームのせめぎ合いになろう」と記している。
 ここは遠藤氏の予想どおり、台湾有事が現実とならないことを祈るばかりである。

 アメリカの干渉を排除しつつ、習近平政権の望みどおり「平和統一」が実現したとしたらどうなるのか。遠藤氏は「『平和統一』の『平和』という言葉にだまされるな」と注意を促す。
 たとえば香港の場合、「一国二制度」の約束のもと平和的に中華人民共和国特別行政区となったが、2019年に起きた大規模な民主化運動は中国政府の手によって完全に弾圧され、いまは人口流出が相次いでいる。それが現在の状況である。
 台湾も香港同様に、「一国両制度」のもとにいまの体制の中国に統一されることになる。やがて中国経済はアメリカを凌駕し、「言論弾圧をするあの中国が、世界制覇に成功する」ことになる。それは中国の力が強大化し、「ある意味『危険』と位置付けなくてはならない」と遠藤氏は記す。
 台湾の望みも中国との統一である。だがそれは民主化された中国である。台湾は中国の民主化をひたすら待ち望んできた。遠藤氏は中国が民主化する唯一のチャンスが天安門事件後の対中経済制裁だったという。
 1989年6月の天安門事件直後、欧米諸国や日本は中国への経済制裁を行ったが、1990年11月、日本政府は欧米諸国に先駆けて制裁を解除し、関係改善に動いた。そこには経済発展とともに中国の民主化は進むはずだという判断があり、そんな日本に従って欧米や世界中も投資に傾いていったのだが、結果的には民主化が進まないままの繁栄する中国にしてしまった。やはり経済協力は言論弾圧の改善や民主化を条件に行うべきで、日本はその唯一のチャンスを潰してしまったのだという。
 中国に対する日本政府の姿勢はいまも変わらない。アメリカに追従しているようにみえながら、習近平政権の戦略とも知らずに、中国経済を盛り上げる方向にしか動いていないと憂う。はたして、中国民主化のチャンスはいつかやって来るのであろうか。
 (2022/10)



<2022.10.14> 

習近平国家主席(中華人民共和国外交部HPより)

蔡英文総統(右)とペロシ下院議長(中華民国総統府HPより)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon 

第124回:世襲政治家天国LinkIcon 

第125回:原発回帰へLinkIcon 

第126回:沖縄県の自主外交LinkIcon 

第127回:衆参補選・統一地方選挙LinkIcon 

第128回:南鳥島案の行方LinkIcon 

第129回:かつて死刑廃止国だった日本LinkIcon 

第130回:使用済み核燃料はどこへ?LinkIcon 

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思うLinkIcon 

第132回:ウクライナ支援疲れLinkIcon 

第133回:辺野古の行方LinkIcon 

第134回:ドイツの苦悩LinkIcon 

第135回:能登半島地震と原発LinkIcon

第136回:朝鮮人労働者追悼碑撤去LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon