いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第109回:中国をめぐって  

 中国は、1949以来中国共産党による一党支配が続いているが、いまや国内総生産(GDP)世界第2位で、経済的にも軍事的にもアメリカと覇を争う大国である。ただ南シナ海の南沙諸島海域での人工島造成による軍事基地建設やウイグル族弾圧など、非難も避けられない部分もあるのだが、中国ならなんでも批判するのが当たり前のようなテレビや新聞もやりすぎで、比較的まともな論調といわれる『東京新聞』でさえ、その例に漏れない。
 その『東京新聞』(2021年10月14日付)に興味深い記事があった。論説委員白鳥龍也氏による「尖閣の緊張緩和 『4項目合意』再確認を」という記事である。
 中国海警局の船が尖閣諸島付近の領海まで侵入する例は月平均3.9日で、すでに昨年を上回っているという。こうした動きの起点となった2012年の尖閣国有化直後はもっと多かったが、当時ほどではないにしろ、昨年の5月頃からまた増加傾向にあるという。この動きは日本側の動きと連動していて、日本漁船が領海に入るとそれを監視するように中国公船が侵入してくる。尖閣を自国の領土と主張する中国としては当然の行動であろう。
 ただ、この日本側の動きにも問題があるというのだ。反中国の右派団体が政治目的から日本漁船を後押ししているケースがあるという。日本漁船がいない状態での中国公船の侵入は月に1回、2時間程度のものだという。
 いたずらに中国脅威論に反応することなく、日中関係改善の原点となった2014年の「四項目合意」を見つめ直す必要を説き、その「合意」発表当時外相だった岸田文雄現首相に期待すると、記事はまとめている。
 なんということか。日本の右派が煽っているのが実態のようだ。日本の報道機関はそういう実態を知りながら、これまで隠してきたのであろうか。今回は、よくこういう記事を掲載してくれたものである。
  
 尖閣諸島の国有化は2012年、あたかも東京都の石原慎太郎知事に迫られるような形で、野田佳彦首相(ともに当時)によって進められた。アメリカのキャンベル国務次官補より「国有化したら非常に厳しい局面になる。日本の判断次第では、日中関係のみならず東アジアを不安定にする」とクギを刺され、中国の胡錦濤国家主席からは、「事態の重大さを十分に認識し、誤った決定を下すことなく、中日関係の大局を維持すること」と抗議をうけたわずか2日後、野田政権は尖閣国有化を閣議決定。中国側は「メンツをつぶされた」と怒りを露わにしたのは当然で、あまりにも安易な判断だった。
 以来日中間が緊張状態に入ったのは当然の成り行きであった。そこで2014年、安倍晋三首相(当時)の意をうけた福田康夫元首相と習近平国家主席の水面下の交渉をへてどうにかまとめられた「四項目合意」だが、双方が都合よく解釈できる余地を残した苦肉の産物だった。
 そもそも1972年9月の日中国交正常化は、当時の田中角栄首相、周恩来首相による交渉の最後の最後、尖閣諸島の領有問題が棚上げされたことによって実現したものだった。したがってこの問題は、いずれこのふたりの知恵に返るしかないのだが、日本の外務省はそういう文書は存在しない、文書にない合意は認められないと主張。安倍政権下のことゆえ、文書削除の疑いが濃厚だが、元中国大使丹羽宇一郎氏の検証によれば、国内だけでなく、イギリスや中国にもその合意の存在を示すものがあるようだ(「東洋経済ONLINE」2017年9月29日付)。
 今回の総選挙で少しはまともな政権になることを期待したが、安倍・菅政権踏襲のまま、さらに日本維新の会が台頭してきて、より強硬になっていきそうな雰囲気である。
     *
 このところ台湾問題が騒がしい。習近平国家主席は「統一は中国全体の国民の希望である」という孫文の言葉を引用して統一を訴え、そのためには武力行使も排除しないことを表明している。この言葉どおり10月4日には、56機の中国軍機が台湾の防衛識別圏に侵入している。
 他方の台湾、蔡英文総統は、自国を「民主防衛の最前線」と位置づけて「主権の確保と国土の保守」を訴えているほか、アメリカやEUなど西側諸国と積極的に接触して、台湾を西側の1国に置こうとしている。最近米軍の駐留も認め話題になったが、アメリカの報道によれば1年前から米軍による台湾軍の訓練が行われているようで、これがまた中国を必要以上に刺激している。
 アメリカのバイデン大統領の姿勢も強硬で、対話集会で「台湾が中国に攻撃された場合、米国には台湾を防衛する責務がある」とまで述べ、あとで釈明に追われている。アメリカ側の言動は矛盾しているのだ。
 中国と国交のある国は「ひとつの中国」の原則を承認し、「台湾は中国の領土」という中国の主張を認識している。アメリカや日本も西側諸国の多くもそうである。この原則を認めていないわずか15カ国だけが台湾と国交をもっているのが実情だ。
 ところで菅義偉[よしひで]前首相は、4月のバイデン大統領との首脳会談後の日米共同声明において、台湾有事では米軍と緊密に連携する方針を確認している。ところが、1972年の日中共同声明には「日本国政府は、中華人民共和国政府(共産党政権)が中国の唯一の合法政府であることを承認する」とか「台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを日本政府が理解し、尊重する」という文言がある。そういう意味では、ずいぶんいい加減な日米共同声明だった。10月25日、岸田文雄政権発足直後、中国の王毅外相が台湾問題をめぐって「一線を超えることは許されない」とクギを刺したのは、このことが念頭にあった。
 
 日本政府は、中国、韓国、北朝鮮など隣国との外交関係がギクシャクしている。いずれも過去においてわが国が侵略し統治したことのある国ばかりで、安倍政権以降、そういう歴史を曖昧にしようとしてきた。そういう意味でも世界に通用する歴史認識をもつ政権ができない限り、ギクシャクした関係がいつまでも続くことになる。わが国はこれらの国の旧宗主国であり、分断にも深く関わっていることを自覚しなければならない。
 つい先日、日米韓の3カ国での協議で、韓国側が朝鮮戦争の終戦宣言を提案した。アメリカ側は態度を留保したにもかかわらず、日本側は「時期尚早」とし、「日本は朝鮮戦争の当事国ではないため、非核化優先を維持する」としたという。
 もし韓国・北朝鮮双方が終戦宣言を望んでいるのであれば、日本は積極的に後押しをしてもよいのではなかろうか。ただし中国・台湾の問題にどう関わるかは難しい。アメリカの誘いに乗って安易に関わってはいけないだろう。蔡英文総統が中国をあまり挑発しないことを祈るばかりである。 (2021/11)



<2021.11.15> 

外務省発行パンフレット「尖閣諸島」表紙(外務省HPより)

同上 目次

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon