いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第88回:原発と裁判官

 2014年5月、福井県おおい町にある関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止め訴訟において、福井地方裁判所(樋口英明裁判長)は運転差し止めを言い渡した。これは2011年3月の福島第1原発事故以降、初めての運転差し止め判決だった。しかしながら2018年7月の控訴審において、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)は1審判決を破棄し、逆転判決を言い渡した。その後、住民側は上告を断念したため、高裁判決が確定した。住民側は、最高裁での敗訴確定が他の原発訴訟に影響を与えることを恐れたのだという。最高裁まで争うことが、必ずしも得策ではないことを教えてもらった。
 この訴訟の間、両原発とも定期検査のため運転を停止していたが、3号機は2018年3月から、4号機は同年5月から、判決確定前に再稼働している。
 名古屋高裁金沢支部において1審判決を破棄させるために、最高裁(政府)は露骨な「再稼働推進人事」を行ってきた。つまり政府側に有利な判決を導くために、通常ではあり得ない裁判官の異動を行っているのだが、まさにいま官邸が検察人事に手を突っ込んだ件と同根のものである。

 ところで、福井地方裁判所で運転差し止めを言い渡した樋口英明裁判長は、その後の左遷人事など、みずからの不利益を顧みることなく「原発No判決」を下したものだ。氏の当時の判決文には少なからず驚かされたものだが、若干紹介してみよう。
 「たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流失や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考える」
 「原子力発電は経済活動の自由に属するが、憲法上、生命を守り、生活を維持する人格権の中核部分より劣位に置かれるべきもの」
 退官後の樋口氏は、積極的にメディアの取材に応じたり講演を行ったりしているのだが、こういった明解な物言いは健在である。
 2019年12月3日付『東京新聞』夕刊に、樋口氏へのインタビュー記事が掲載され、ほかに、ネット上の「MAG2NEWS」(同年12月20日付)掲載のジャーナリスト新恭[あらた きょう]氏の記事を読んだ。後者は、12月1日に兵庫県伊丹市で開催された「第8回 さようなら原発 1000人集会」での樋口氏の講演をまとめたものだが、おもにこの、新恭氏の記事を参考にする。
 2011年3月11日、福島第1原発が受けた地震の強さ(加速度)は800ガルで、震度6強に相当する。火力発電所と電線でつながっている鉄塔が倒れ、外部電源が遮断されたうえ、地下の非常用電源は津波に襲われ、電源のすべてを失った。
 ところが原発本体に偶然に起こった「ふたつの奇跡」によって、結果的に今回のような被害で済んでいるが、「被害は国の存亡にかかわるほど甚大」であってもおかしくなかったという。
 ここにいう「ふたつの奇跡」とは何か。ひとつめは、水素爆発のせいで4号機の燃料貯蔵プールの底でむき出しになっていた1,000体を超える使用済み核燃料に、隣の原子炉ウェルから偶然水が流れ込んだこと。普段は原子炉ウェルには水はないのだが、たまたま工事の遅れで水があり、しかも偶然仕切りがずれたことによって流れるべきではない水が燃料貯蔵プールに流れ、プール内の燃料は冷やされて最悪の事態を回避できた。
 ふたつめは、メルトダウンした2号機である。格納容器の中は蒸気で満たされ。大爆発寸前にまで圧力が高まっていたが、電源がなくてはベントを作動できない。3月15日には格納容器内の圧力が設計基準の2倍を超えた。吉田昌郎所長が、東日本壊滅が脳裏に浮かんだとのちに語った瞬間である。堅牢であるはずの格納容器のどこかに、あってはならない穴があり、そこから水蒸気が漏れていたのだ。とんでもない欠陥が功を奏したということである。
 これらの奇跡のおかげで、国家の存亡にかかわるほど甚大になるはずだった被害を、偶然回避できたのである。

 住宅メーカーが設定している耐震設計基準(地震の加速度)は、三井ホームが5,000ガル、住友林業は3,406ガルだという。これに対して、大飯原発の耐震設計基準は当初405ガルだったが、訴訟判決直前に700ガルに改められたという。原発よりも住宅のほうが、桁違いにしっかり造られているということになるのだが、何かがおかしいのではないか。
 さらに樋口氏は「原発は被害がでかいうえ、発生確率がものすごく高い」とも指摘する。2000年以降、震度6強(800ガル)以上の地震は12回起きている。そのうち、最強の地震は東北地方太平洋沖地震(2011年3月11日)、熊本地震(2016年4月14日/1,740ガル)、北海道胆振東部地震(2018年9月6日/1,796ガル)の3回である。
 講演では東北地方太平洋沖地震の最大加速度(ガル)について触れていないようだが、ぼくが調べた数値は2,933.7ガル(宮城県栗原市築館)である。
 要するに、震度6強(800ガル)以上の地震は、いつどこで起きても不思議ではなく、なかでも20年に3回程度は、相当大きな地震が発生するということだ。にもかかわらず関西電力側は、「大飯原発の敷地に限っては700ガル以上の地震はきません」と、専門家を連れてきて言わせたという。
 
 樋口氏はこのような有様について、「”死に至る病“を日本は抱えているんです」と述べ、次のように続けている。
 「3.11の後、原発を止めたのは私と大津地裁の山本善彦裁判長だけ。二人だけが原発の本当の危険性をわかっていた。ほかの人はわからなかった。それだけのことです」
 樋口氏は「わかっていた」と表現しているが、このふたりの裁判官は「なんだ、これは?」と思い、懸命に調べたはずである。他の多くの裁判官たちは何も感じなかったか、深入りを避けた、ということであろう。
 次は新氏のまとめである。
 「原発はどこも400ガルとか700ガルといった低い耐震基準でつくられているが、いまや日本列島全体が、それを上回る強さの揺れの頻発する地震活動期に入っている。にもかかわらず、経産省・資源エネルギー庁シンドロームにおかされた政府は、電源構成に占める原発の割合を20〜22%まで復活させるプランを捨てていない」
 もちろん、使用済み核燃料の処理方法など未解決の課題はすべて先送りである。
 そんな状態なのだが、今年1月12日、四国電力伊方原発3号機で、制御棒1体が誤って約7時間引き抜かれたことがあった。続いて20日には燃料が正しく挿入されなかったり、2月に入って、一時外部電源が遮断されて核燃料プールの冷却が43分間停止、さらに、日本電源敦賀原発2号機では地質データの書き換えなど、相次いで発覚している。ぼくには、”死に至る病“は悪化の一途を辿っているようにしか思えないのだ。
 我々は覚悟しなくてはならない。東北地方太平洋沖地震と同等の地震(M9.0、最大震度7)が起きたら、おそらく日本列島の半分は放射能にまみれることになる。  (2020/02)


<2020.2.19> 

四国電力伊方原子力発電所(資源エネルギー庁HPより)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon