いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第78回:元号騒ぎのなかで

 自分で元号を書くことがあるだろうか、と考えてみた。役所へ提出する書類では元号の名称を書くことはない。すでに印刷されているか、いくつかの選択肢のなかから該当するものを○で囲むことになる。それでも元号の年数は書く必要があるので、指を折って数えてみたりするが、面倒なうえに間違えることもある。しかも、ぼくは明治や大正が何年までかはしっかり頭に入っているのだが、昭和は記憶できていない。
 ぼくにとって元号はA、B、Cという記号のようなものでしかなく、あまり付き合いたくないし、なくともいっこうにかまわない。まして出典がどうであれいっこうに気にならない。
 4月1日午前、平成に代わる新たな元号が発表された。それまでに新聞・テレビは特集記事や特番を組んでカウントダウンまで行って国じゅうを盛り上げてくれた。その甲斐あって、午後からは日本全国大騒ぎの様相で、新聞の号外を奪い合い、ネギトロで新元号の文字を描いた弁当には驚くばかりだった。どこかに仕掛け人が潜んでいるのであろうが、みんなよく踊ってくれた。
 
 「令和」という名称には驚いた。その1週間ほど前のこと、我が家では「令」の字が話題にのぼっていた。「令」の字は教科書体と明朝体・ゴシック体ではまったく字体が異なる。このことは元号が発表されてからテレビ・新聞でも解説していたが、我が家では1週間前にすでに、元号とは関係なく話題にのぼっていたのだ。
 いまさら説明も不要だろうが、教科書体というのは手書きに近い字体であるのに対して、明朝体・ゴシック体では活字然とした字体にデザインされている。したがって小学生が学校で習う場合には教科書体の字体で習っているはずだし、手書きで書く場合は教科書体の字体で書くひとが多いはずだ。
 そうとはいえ、日常生活で目にする「令」は、テレビの字幕や新聞・雑誌の活字然とした字体が多く、教科書体の字体は少ない。うちのカミさんは書を嗜むことから、どのような字体で書くかが大きな問題になってくる。我が家で話題にのぼっていたというのは、そういった事情だった。書に元号を書くことなどないが、「令」の字を書くことはあるのだ。
 菅義偉官房長官が「令和」の額を上げたとき、我が家では妙な空気が流れた。「あっ、あの字だよ」。筆で書かれたその「令」の字は、活字然とした字体に近いもので、しかも最後の画がはねていたため、なおさら妙な空気になった。どうして教科書体の字体ではなかったのか。行き着くところは、「よりによって、どうしてそんな厄介な字を元号にしたのか?」ということになる。
 のちの報道によると、あの字を書いたのは内閣府の「辞令専門職」ということだが、書家でもある。しかし推察するところ、あの活字然とした字体に決定したのはその担当者ではないだろう。個人で決めるにはあまりにも荷が重すぎる。菅官房長官をふくめ複数のひとたちが協議・決定し、担当者が書いたものであろう。
 どんな元号でもかまわないのだが、複数の異なる字体をもつ「令」を入れた新元号は、我が家では評判がいいはずがない。これまで教科書体で「令」の字を書いていたひとも、今後は意識して活字然とした字体で書くことになるのかもしれない。妙なことになったものである。

 4月1日以降、この世はまさに新元号フィーバーで、新たな元号をみんな大歓迎のようだ。安倍晋三首相も菅官房長官もさぞかしご満悦であろう。しかし、そんなおふたりの想いに水を差すような動きもあった。
 さすがにネットの反応は早い。万葉集が出典とはいいながらも、じつは中国の古典の孫引きであるといった話題が発表直後には飛び交っていた。そして翌4月2日には、テレビまでもそんな様子をみせてくれて驚いたものだ。
 偶然観たのだが、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」に歴史学者で東京大学歴史編纂所の本郷和人教授が出ていた。本郷教授は、自分は将来元号を検討する立場に選ばれる可能性があるので、「令和」を悪く言いたくないと前置きしながら話しはじめた。今回最終案として出ていた「万和」「久化」「万保」「広至」「令和」「英弘」の6つのなかで、「令和」以外はケチのつけようがないと言い放った。そして論語の「巧言令色少鮮し仁」の例をあげ、「令色というのはニヤニヤ顔をつくることで、仁の概念からは最も遠い意味になる」とまで述べた。
 どうしても安倍首相のニヤついた顔を思い浮かべてしまうのだが、テレビ局のスタジオでよくぞ言ったものである。本郷教授は将来の大きな仕事を棒に振ったことであろう。
 もう1本、同じ4月2日放映、NHK「クローズアップ現代」。中国古典の重鎮といわれる京大名誉教授の興膳[こうぜん]宏氏のインタビュー録画である。ぼくはネット上の「クローズアップ現代」のHPでの紹介を読んだ。興膳氏の主張は小気味よいほど明解なものだった。
 「私、個人としては、元号はなくてもいいと思っております。中国で空間を支配する王者であると同時に、時間を支配する王者でもあるという、その象徴として、シンボルとして元号が制定された。天皇が統治するという前提のもとにできている元号が(現行の)憲法との整合性という意味で、ちょっとおかしくなってくる」
 天皇による時間の統治手段である元号と、国民主権を基本原理とする日本国憲法は整合性がとれないという主張である。現政権に近い位置にあるはずのNHKがこれを放映し、HPにも掲載していることに驚いた。興膳名誉教授は御年83歳。これからの天皇譲位・即位に向けての騒ぎなかでも、ぜひ天皇制の在り方についても声高に発言してもらいたい。

 今回の元号騒ぎで気になることがもうひとつ。先にも触れたが、テレビ・新聞の報道を見る限り、歓迎ムードにあふれている。4月1〜2日に行った共同通信の世論調査では、「新しい元号に好感が持てる」と答えたひとが73.7%にのぼり、「安倍内閣を支持する」が10%も上がった。仕掛け人が仕込んだ成果がしっかりあらわれている。そこで、何度もテレビで流れた号外奪い合いの熱狂シーンを思い起こしてみる。なんとも恐ろしいではないか。
 仕掛け人がマスメディアを使ってあおれば、世間はいとも簡単に乗るのである。民衆の動向操作など思うがままである。ナチスもそうだった。イギリスのEU離脱の国民投票でもSNSによって世論を誘導した選挙参謀がいた。どれも後悔するようなことになっているが、世論を一時的に大きく動かすことは比較的容易である。その実態を見せられたような想いでいる。
 ついでだが、去る2000年5月、森喜朗首相(当時)が、日本は天皇を中心とした神の国と発言して謝罪に追い込まれたことがあった。これからの天皇の譲位・即位に関する明治以来の伝統という一連の行事を通じて、日本はまさに神の国一色に染まり、多くのひとびとが素晴らしいこととして歓迎する様子を観ることになるのだろう。おそらく、森氏は正しかった。
 「平成最後の……」とともに「新しい時代が始まる」という言葉が飛び交い、日本はしばらくの間、高揚した空気に包まれることになる。爽やかな気候の季節ではあるが、なんとも憂鬱である。 (2019/04)  
  
  
<2019.4.9> 

「令」の明朝体(左)と教科書体(右)

NHK「クローズアップ現代」HPより

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②



第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く


第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと


第41回:寺離れLinkIcon 

第42回:もうひとつの「日本死ね!」LinkIcon 

第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問LinkIcon 

第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰でLinkIcon

第45回:バーニー・サンダース氏の闘いLinkIcon 

  

第46回:『帰ってきたヒトラー』LinkIcon  

  

第47回:沖縄の抵抗は、まだつづくLinkIcon 

第48回:怖いものなしの安倍政権LinkIcon

第49回:権力に狙われたふたりLinkIcon

第50回:入れ替えられた9条の提案者LinkIcon 

第51回:ゲームは終わりLinkIcon 

第52回:原発事故の教訓LinkIcon

  

第53回:まだ続く沖縄の闘いLinkIcon

第54回:那須岳の雪崩事故についてLinkIcon 

第55回:沖縄の平和主義LinkIcon

第56回:国連から心配される日本LinkIcon 

第57回:人権と司法LinkIcon 

第58回:朝鮮学校をめぐってLinkIcon

第59回:沖縄とニッポンLinkIcon

第60回:衆議院議員選挙の陰でLinkIcon

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon

第81回:外交の安倍!?LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon