いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第103回:新型コロナワクチン  

 5月10日、新型コロナワクチン接種券が届いた。こういった書類が来ると、自分も普通の高齢者だったと自覚させられる。予約受付は24日から。区内の接種会場は3カ所だが、予約を取るのも容易じゃなさそうなので、慌てずに様子見としよう。
 ただ、ある臨床医からの話だが、単身独居で軽度の認知症の高齢者、姉妹の暮らしでどちらも耳が不自由な高齢者など、こういった方たちは、ワクチンの予約システムから完全に閉め出されているという。こういうひとびとには、当日キャンセルであまったときに連絡をとって接種に来てもらうように、外来時に説明しているとのこと。こういう医師によってどうにか隙間が埋められていることを実感させられる。

 偶然テレビで観た話である。東京都豊島区のある高齢者は、ワクチン予約の電話を何度もかけてようやくつながったのだが、1回目が8月下旬、2回目が9月上旬と言われたという。菅義偉[よしひで]首相は、「7月末までに(65歳以上の)全高齢者のワクチン接種を完了させる」と言い、85%の自治体が可能という報道もあったが、現実はそんなに容易なものではなく、10月までかかるところさえあるという。
 7月末までに終了予定の自治体割合が最も少ないのが秋田県で、56%だという。佐竹敬久[のりひさ]知事は「さば読みのところもいっぱいある。簡単に言えば菅首相の顔を立てろということだ」と現状を明かしている。秋田県は菅首相の出身県だが、首相の地盤の神奈川県も大変だ。「神奈川県は菅首相と河野太郎担当大臣を輩出している県として(達成は)絶対命題だ。絶対実現しないといけない」と黒岩祐治知事の意気込みはすごい。

 大阪大学名誉教授の宮坂昌之氏によれば、ワクチン接種がひろまって国民の3〜4割が2回目の接種を終えれば感染者数の上昇はほぼ止まり、5割を超えるとぐーっと下がってくるという(『毎日新聞』同年5月11日付)。
 これに加えて生物学者の池田清彦氏(早稲田大学名誉教授、山梨大学名誉教授)の話。 感染対策としてのワクチン接種は一気にまとめてやらないと効果がなく、「今みたいに五月雨式にやってもダメだよ。ワクチンの効果って1年続かないことがある」とのことだ。そうすると、早めに接種したひとの効果が切れる頃になってもまだ収束せず、「そうしたらまたワクチン打たなきゃならなくなって、永遠に終わらない」ということになるという(『AERAdot.』2021年5月10日付)。
 しかも池田氏は、供給量が充分になるまでは、感染率の高い若いひとや、他人にうつすリスクの高いひとから接種を始め、社会的活動が少ない年寄りには少し我慢してもらっておいたほうが、全体的に早く収束に向かうはずだとも。
 では供給量はどうかといえば、はなはだ心許ない。ロイター通信(同年5月7日付)によれば、日本に到着しているワクチンは2,800万回分だが、使用されたのは400万回分にすぎず、あまりにも接種ペースが遅すぎるという。政府関係者によると、ファイザーの都合で予定どおりにワクチンが納入されておらず、医療従事者向けに配送されたものを一時的に高齢者向けに回すようにお願いしているのが実態のようだ(『AERAdot.』同年5月13日付)。これでは池田氏の指摘するように「永遠に終わらない」ことも覚悟しておく必要がありそうだ。

 ワクチンの温度管理を誤り960回分廃棄、冷蔵庫の扉を閉め忘れて150回分廃棄という報道や、間違って生理食塩水を注射したという報道がある。
 ぼくが受け取ったコロナワクチン接種券の説明書には、2回ともファイザー社製ワクチンを接種することが明記されているが、このファイザー社製ワクチンは取り扱いが厄介らしい。以下は、「47NEWS」(同年4月12日付)の記事からである。共同通信の配信記事なので、新聞やテレビが報じてくれないことにはまったく目にすることもなく埋もれてしまう。
 ファイザー社製ワクチンは、人工的につくった遺伝物質メッセンジャーRNA(mRNA)を薄い脂膜でくるんでいるため、揺れや振動に弱く、壊れやすいという。
 ところが厚生労働省は1月29日、ワクチンを小分けにして診療所での個別接種を行う「練馬区モデル」を発表し、解凍後のワクチンを2〜8度で車やバイクで移送するための保冷バッグ4万個をメーカーに発注し各自治体に配布した。その費用6億8,200万円という。
 3月8日、ファイザーは小分け移送はマイナス90〜60度か、マイナス25〜15度の「冷凍が原則」とHPに掲載。専門家に相談して準備を進めていた世田谷区は、超低温冷凍(マイナス75度以下を想定)で移送されてくるワクチンの扱いに細心の注意を払うべく、冷凍設備をもった大きな会場での集団接種を基本と考えていた。そんな世田谷区の問い合わせに厚生労働省は、「小分け移送は自治体の責任で行うもので、厚労省は責任を負うものではない」と回答。
 3月28日、ファイザーはHPから「冷凍が原則」の文字を削除し、「(冷蔵移送の場合)衝撃、振動を避けること」と記載した。そこで世田谷区が直接ファイザーへ問い合わせると、「冷蔵移送は避けてほしい。品質保持の観点から推奨しない」とのことだった。モデルとされた練馬区も、マイナス25〜15度での冷凍移送に決め、厚生労働省もバイクでの移送は削除した。
 これで決まりかと思われたが、ファイザーが小分け移送を認めるという記事があった(『日本経済新聞』同年4月2日付)。これが冷凍状態なのか解凍したものなのかは不明だが、自分の地元の自治体がどういうやり方をするのか確認する必要がありそうだ。とくに診療所での接種を希望する場合は、どのように温度管理がされているのか気になってくる。

 先の生理食塩水を接種してしまったという件は、ワクチンの容器に生理食塩水を注いで稀釈してから注射器に入れて使用することになっているが、54人接種したうちのひとりに生理食塩水をそのまま接種してしまったというもので該当者は特定されていない。2回目の接種の際に抗体検査を行うことによって特定するという。
 人間の手でやることだから、今後もどんなミスでも起こりうると受けとめるしかないのだが、もし使用期限を過ぎたものや温度管理に失敗したワクチンを接種された場合どういうことが起こるのか、明らかにしてほしいところだ。
 
 いずれにしろ、いまの日本政府の新型コロナへの対応はあまりにもお粗末だ。フランスの『リベラシオン』(同年5月13日付)は次のように報じている。
 「(日本政府)当局は、ウイルス検査の拡大も、ワクチンに飛びつくことも、病院の体制強化も、必要な財政支援も、1年以上どれもせずにウイルスの流行を放置した」
 いまの日本はPCR検査も充分ではなく、ワクチン開発、獲得にも大きく遅れていて、いくら菅首相がオリンピックをやる気満々であっても、外国から日本に来てもらえる環境をととのえられないのではなかろうか。 (2021/05)  


<2021.5.15> 

届いたコロナワクチン接種券等(写真提供/筆者)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon

第108回:当たり前の政治LinkIcon

第109回:中国をめぐってLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon