いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第105回:さらば! Dirty Olympics  

 なんということであろうか。数週間後には東京オリンピック・パラリンピックの開会式だというのに、驚くほどの静けさである。
 1964年の東京オリンピックのとき、小学6年だったぼくは、あの雰囲気をよく記憶している。ぼくが暮らしていた秋田の田舎町でさえも、どこへ行っても「オリンピック音頭」が流れていた。張りのある三波春夫の歌声である。調べてみると、正確な曲名は「東京五輪音頭[とうきょうごりんおんど]」である。10月の開催だったから、夏の花火大会でも盆踊りでも盛んに流れ、踊られていた。
 YouTubeで確認してみると、石川さゆりや加山雄三が登場する「東京五輪音頭2020」があるのだが、街でもテレビでも聞いたことがない。どうにも盛り上がりに欠けるオリンピックである。それもそのはず、世間はそれどころではないのだ。新型コロナウイルスは第5波かともいわれ、このままオリンピック突入では、選手村を含めて東京が感染者であふれることを危惧している。それに加えて静岡県熱海市の土石流である。家が流され死者、安否不明者が多数出て捜索中である。本当にオリンピックをできるのかと、誰もが危ぶんでいるはずだ。
 東京新聞による都民意識調査では、開催中止が42.4%、無観客が25.3%、観客数を制限するが23.8%である(『東京新聞』同年6月29日付)。土石流被害以前の調査でもこういう結果である。
 天皇も同様だった。間接的ながらも発せられた天皇の声には、憲法とのからみで懸念もあるようだが、生身の人間としての自然な心情だろう。その2日前には菅義偉[よしひで]首相による内奏が行われたというが、根拠の希薄な「安心、安全」の話に、よけいに不安を覚えた可能性がある。

 IOCのトーマス・バッハ会長の評判がよろしくない。『ワシントン・ポスト』紙には「ぼったくり男爵」と、コロナ禍での開催強要を批判されていた。よく言えば「やり手ビジネスマン」、悪く言えば「お金に汚い」というのが本国ドイツでの評価である。広島を訪問したい意向だが、新型コロナの感染状況とあわせ、いまの雰囲気ではとても歓迎されるはずもない。バッハ会長にはそういう心情が理解できていないらしい。
 オリンピック開催が1年延期となったせいであろうか、IOC幹部たちの勘違いしたかのような厚遇要求があからさまにされたうえ、傲慢な発言もあって、聞く者たちを呆れさせることになった。
 演出家の宮本亞門氏が、オリンピック招致の裏側を告発したのには驚いた。
 「東京の招致決定後、あるトップの方とお会いした時、招致が決まった会場で、裏でいかに大金の現金を札束で渡して招致を決めたか、自慢げに話してくれたのです。驚いた私は『それ本当の話ですか?』と言ったら笑われました。『亞門ちゃん若いね。そんなド正直な考え方で世の中は成り立ってないよ』」(『日刊ゲンダイ DIGITAL』同年6月20日付)。JOC前会長の竹田恆和氏は、まさにその疑惑で辞任したのだが、フランス検察当局による捜査は継続中のはず。IOCはコメントを拒否している。

 バッハ会長が不用意に使った「犠牲」という言葉で炎上し、慌てて訂正したことがあった。「犠牲」という言葉で、国立競技場そばにあった都営霞ヶ丘アパートを思い出してしまったのだが、あそこは犠牲の典型ではなかったか。
 霞ヶ丘アパートの住人たちは老朽化した建物の改修を求めていたのだが、願いかなわず、新国立競技場建設のために立ち退き、取り壊しとなり、最後まで残っていた150世帯の住人たちは改築された都営神宮前アパートや若松町アパートへと移された。高齢で、隣近所のひとたちとも離れてしまうなどの環境の変化もあって2、3年で亡くなった方も少なくなかった。結果をみれば、新国立競技場はザハ案が退けられて当初の規模は縮小され、建て替えて残すことも不可能ではなかった。そもそも国立競技場自体建て替える必要もなかったものだった。
 哲学者の内山節[たかし]氏は、1964年の東京オリンピックのときには中学生だった。オリンピックに関連し、彼の家近くの道路の拡幅工事のために、道路沿いの住人たちは立ち退きを迫られた。最後まで拒否した1軒の家だけを中洲のようにのこして幹線道路は完成し、横断歩道もつけてはくれなかった。その家の住人は車が途切れた隙に道を駆け足で横切って家に飛び込む有様で、やむなく立ち退きに同意した。その様子をずっと観察していた中学生の内山氏は、オリンピックを冷めた目で見ていたという。
 「オリンピックには、スポーツの祭典という言葉だけでは語れない問題が存在しているのである。今年の東京オリンピックは現政権が選挙に勝つための開催になってきた」。それは「政治のための祭典でもある」と指摘している(『東京新聞』同年6月20日付)。
 G7から帰国した菅首相は、全首脳からオリンピック開催で支持を得られたと胸を張った。そもそもオリンピックの開催など、G7での議題になる性質のものではない。「結構じゃないですか」という社交辞令程度のものだ。いったい自国民の民意と外国首脳の相槌のどちらを優先するというのか。今回のオリンピックほど政治色が露わになった大会はなかったのではないか。
 こんなオリンピックでも、まだ開催を望む都市、国があるのだろうか。内山氏はオリンピックの廃止を提言している。オリンピックなど、そこに暮らす住人を追い出してまで開催するほどのものではない。なにか勘違いしているIOC幹部たちや商業主義、政治からも距離をおいた、純粋にアスリートのための「スポーツの祭典」を新たに考えてみてはいかがであろうか。
 『TIME』誌が「Dirty Olympics」という特集を組んでいるという。それはそれはとネット上を探してみたところ、作者不明、表紙写真の洒落たパロディであった。  (2021/07)


<2021.7.6> 

新国立競技場(2020年11月撮影)/写真提供・筆者

『TIME』誌表紙のパロディ/同上

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon

第108回:当たり前の政治LinkIcon

第109回:中国をめぐってLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon