いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第110回:したたかな外交  

 12月6日、ロシアのプーチン大統領はインドを訪問し、モディ首相と会談を行い、今後10年間にわたる防衛技術協力協定と1年間の石油契約を結んだ。
 ロシアといえば、この10月にロシア軍、中国軍が日本近海で合同演習を行い、合わせて10隻の艦艇が、津軽海峡や鹿児島県の大隅海峡を同時に通過したばかりである。両国は2012年より毎年合同演習を行ってきているが、昨年はコロナウイルス感染拡大にともなって中止されていた。
 かたやインドはアメリカ、オーストラリア、日本とともにクアッド(Quad=日米豪印戦略対話)の一員である。「戦略対話」の意味するところは、いうまでもなく「対中戦略対話=対中包囲網」である。この9月にワシントンのホワイトハウスにおいて、4カ国首脳による初の対面会議が行われ、そこへモディ首相も出席している。
 インドは、ネルー初代首相の外交理念に起源をもつ非同盟主義の国。いかなる軍事同盟や軍事ブロックにも参加せず、外国軍隊の駐留や軍事基地の設置も認めていない。そのため欧米諸国から兵器を購入できなかったインドに対して軍事面で接近し、兵器を与えてきたのがロシアだった。
 インド外務省高官は、今回のモディ・プーチン会談を「インド外交の戦略的自律性を強調する機会」と評しているが、プーチン大統領自身もインドの対米傾斜を牽制しつつの付き合いのようだ(「JIJI.COM」2021年12月7日付)。
 こんな話題を提供してくれたのは外交評論家の天木直人氏のメールマガジン(同年12月6日付)だった。天木氏は、このようなインドの外交について「米国の外交・安保政策に欠かせないインドは、同時に、米国の敵であるロシアの軍事戦略に加担する国でもあるのだ」と捉えつつ、「なんというインドのしたたかな外交だ」と驚きを隠さない。

 天木氏は韓国の文在寅大統領の外交力にも注目している。
 12月2日、アメリカのオースティン国防長官と韓国の徐旭[ソウク]国防相が、ソウルで定例安保協議を行い、核ミサイル開発を進める北朝鮮に対応するために、現状の作戦計画を更新することに合意した。その後、文在寅大統領がオースティン国防長官と面会し、韓国が提案している朝鮮戦争の終結宣言に向けてのアメリカの支持を求めたという。
 同日、中国の天津市内のホテルでは、中国外交部門トップの楊潔篪[ヤンチェチー]政治局員と韓国大統領府の徐薫[ソフン]国家安保室長とで、朝鮮戦争集結宣言についての協議が行われ、楊氏が「宣言が朝鮮半島の平和と安定を進めることに寄与するとみている」と支持の姿勢を示し、韓国側は北京オリンピック開催支持を表明している(『朝日新聞DIGITAL』同年12月3日付)。
 米中対立の中にあっては韓国を自らの味方につけたいのは、アメリカも中国も同じである。文在寅大統領は、アメリカとの軍事同盟を優先しつつも、同時に米中双方から朝鮮戦争の終結宣言への支持を取り付けようと交渉している。天木氏は、モディ首相に負けず劣らずの「見事なしたたか外交、二枚腰外交」と評している。

 11月15日、アメリカのバイデン大統領と中国の習近平国家主席と、3時間にわたるオンライン会談を行い、「両国の競争が意図的かどうかにかかわらず、衝突に発展しないよう図る責任が私たちにはある」と米中の衝突回避を合意したが、アメリカは北京オリンピックの外交ボイコットを表明し、対中敵視政策を取りやめることはない。
 12月7日、ウクライナ国境に軍隊を集結させているロシアのプーチン大統領に対してバイデン大統領が持ちかけ、約2時間の会談を行った。バイデン大統領は「ロシアがウクライナに侵攻した場合、アメリカとヨーロッパの同盟国は強力な経済措置で対応」し、また「アメリカはウクライナに防衛装備を追加供与する」と直接伝えたのに対し、プーチン大統領は「ウクライナ周辺で軍事力を強化しているのはNATO(北大西洋条約機構)だ」と反論、基本的には平行線に終わったようだ。

 首相官邸のHPの「特集ページ」のなかに「地球儀を俯瞰する外交」と題するページがあり、「外交の安倍」と評された安倍晋三元首相による「地球儀を俯瞰する視点で展開してきた積極的な外交」が紹介されている。それによると安倍氏の首相就任時の訪問国・地域は80(延べ176)におよび、地球を約39.53周したことになる。
 しかしながら、これらの外遊のなかに上記のような本気の外交交渉があっただろうか。プーチン大統領相手の北方領土返還交渉にしても、返還後に米軍基地を置かないことを保証できるかと問われ、何も応えられないままである。それでは一歩も進展しないことを理解していながら、アメリカとは交渉しようともしなかった。会った回数を誇るだけの外交ではあまりにも情けないではないか。安倍氏のやっていることは「外交ではなく社交だ」と、誰かがいっていたのを思い出した。

 さて、バイデン大統領が北京オリンピックの外交ボイコットを表明したが、同盟国の対応については「各国の判断に任せる」とした。しかしオーストラリア、イギリス、カナダがアメリカへの同調の意志を明らかにした。したたかなインドは当初より北京オリンピック開催支持を表明、フランス、イタリアもアメリカに同調しないとしている。
 わが国では、安倍元首相周辺から政府に外交ボイコットを求める声が騒がしいが、安易に惑わされてはならない。アメリカはしきりに中国の人権問題をあげつらうが、アメリカにしてもキューバのグアンタナモ米軍基地収容キャンプなど、アムネスティ・インターナショナルから告発されるような人権に関わる問題も抱えている。どのみち、外交ボイコットをしようがしまいが、米中は決定的に対立することはない。
 2022年は日中国交正常化から50年、その関連行事を行うかどうか。中国はオリンピックを含め、岸田文雄首相の対応を見極めようとしている。ここで甘木氏のアドバイスを記すならば、けっして安倍氏のような名指しの中国批判を行わず、あからさまな台湾支援もしない。安倍氏のアドバイスは聞き流し、すべて抽象的な表現でごまかし、曖昧政策を続けることだそうだ。そして7月の参院選を勝ち抜き、9月末の日中国交正常化50周年式典に向けて一気に舵を切ろと、いうのだが。 (2021/12)


<2021.12.11> 

特集「地球儀を俯瞰する外交」冒頭ページ(首相官邸HPより)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon