いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第124回:世襲政治家天国

 この2月7日、自民党の岸信夫元防衛相は、体調不良を理由として衆議院議員を辞職した。同日、岸氏の辞職に伴い長男の信千世氏は、父の地元衆議院山口2区の補欠選挙に立候補する考えを表明した。信千世氏は安倍晋三元首相の甥にあたり、「政界のサラブレッド」とも呼ばれているらしい。表明時の弁を紹介しておく。
 「かつての曽祖父、祖父、伯父、そして父、こうしたみんな情熱をもってこの山口と日本の未来をつくるために行動を起こして参りました。こうした意思は私にもしっかりと受け継がれております」
 早々に開設された信千世氏のホームページのプロフィール欄には、この弁を裏付けるかのように曽祖父岸信介元首相以来の系図が掲載された。それは女性と政治家にならなかった2名を排除したもので、世襲政治家をより強調した形になっていた。これを「普通の感覚があれば、こんなこと、恥ずかしくてできない。家系ではなくて私自身を見てください、と思うのが普通。この感覚では庶民のための政治はできない」と批判したのはラサール石井氏だった。
 その石井氏に対しては、「自身の出身校を芸名にしている」という絶妙な突っ込みもあってずっこけそうになったが、石井氏の指摘は納得できるものだった。
 これから政界に打って出る信千世氏には、訴えるのものは自身の系図しかないのだろうが、そもそも一般の候補者は何ももたない。自身の言葉と顔、行動で訴えて当選し、国会に出ていくしかないのだ。批判をうけた信千世氏、あっという間に系図を削除したと思ったら、その数時間後には「ただいまメンテナンス中です」と表示され、ホームページ自体が閉鎖されてしまった。
 そういえば昨年12月、岸信夫氏の「このあたりで、信千世に譲りたい」という発言が報道されると、SNSでは「選挙区はあんたの領地ではない」「なぜ、当たり前に世襲なのか」などと大荒れになったこともあった。
 岸陣営もこれでよく理解したであろうか。「世襲」を錦の御旗に掲げようとした戦略は、世間には受け入れられなかった。陣営も自民党山口県連も、戦略立て直しにおおわらわであろう。県連は同区補選の候補者公募を15日に締め切り、投開票は4月23日の予定だ。ちなみに県連会長も選挙対策委員長も岸信夫氏である。
 なお同日は、安倍氏死去に伴う衆議院山口4区の補選もあるのでW補選になる。4区は安倍家身内からの後継擁立を断念し、安倍氏の強烈な信奉者という下関市議会議員吉田真次氏を自民党は公認した。安倍昭恵夫人が全面的に後押しするという吉田氏は安倍氏の地盤・看板を引き継ぐ模様だが、世襲候補とはいえないのだろう。岸信夫氏の地盤・看板・カバンのすべてを引き継ぐ長男、信千世氏は間違いなく世襲候補である。それぞれの動きを注視しておきたい。
 
 1991年5月、安倍晋太郎元外相が急逝、93年6月に次男の晋三氏が晋太郎氏のあとを継ぎ、政界入りを果たした。晋三氏は亡父より地盤を引き継ぐとともに、晋太郎氏の政治団体が保有していた6億円とも7億円以上ともいわれる資産を相続した。「山口晋友会」「緑晋会」(のち東京政策研究会へ改称)などの政治団体を引き継ぐ形で無税で相続したのである。これは相続税法上の課税対象資産とも疑われたが、税務当局は動かなかった(「相続税対策にみる世襲政治の問題点」『ニュースサイトHUNTER』2019年3月26日付)。
 この件について、2016年5月の国会質疑のなかで国税庁次長が答弁している。資金管理団体(政治団体も含む)が保有する財産は代表者個人に帰属するものではないため、相続税の課税関係は生ずることはないという。要するに、親が政治家であれば子は政治家でなくともよいのである。子が立候補する意思をもって政治団体を設立すれば、無税で相続が可能になってしまうのだ。
 一般企業の場合、父が経営していた企業を子が継ぐとなれば、自社株の継承にかかる相続・贈与税が発生するだけでなく、親名義の土地・建物、金銭資産にも税金が課せられる。どうやら政治家家族だけに認められた特別ルールらしい。
 
 元国税調査官大村大次郎氏による論考「国税が暴露。相続税も払わぬ世襲政治家に搾取されるニッポンの異常」(「MAG2NEWS」2022年12月3日付)によれば、政治団体の収支については、政治資金規正法に基づき政治資金収支報告書の提出が義務付けられ公表されているが、税務署の調査を受けることはない。一般企業の場合、不審な点があれば税務調査が入って銀行口座や取引相手などの調査が行われ、不正な収入や支出など厳重にチェックされるが、政治家にはそれがないという。
 ただ木村氏は記す。「税務署も本当はやろうと思えば政治団体への税務調査はできるのですが、政治家には遠慮しているのです」、ということだそうだ。
 また個人から政治団体への寄付は年間2,000万円まで非課税で認められている。つまり一般人の親が政治家である子の政治団体に対して2,000万円の寄付を数年間繰り返すことで、相続税や贈与税なしに資産を譲り渡すことも可能である。
 さらに、政治団体間の寄付は年間5,000万円までは認められていて、しかも「政治団体一つにつき」である。親子双方が政治家で多数の政治団体をもっていれば、それだけ非課税で資産移動できる金額が増えることになる。安倍晋太郎氏は66もの団体を抱えていたという。
 このように親から子へと、非課税で金を動かせるシステムがあるため、世襲政治家が増殖することになった。小泉純一郎元首相の地盤を引き継いだ進次郎氏、小渕恵三元首相を継いだ優子氏、衆議院議員の父岸田文武氏を継いだ文雄首相など、政治資金の無税相続や移動の恩恵に浴した方々である。そして岸田文雄氏のあとには翔太郎氏が政務秘書官として出番を待っているのだ。
 
 大村氏によれば、地盤を何ももたずに立候補しようとすると、国会議員の場合で、初期費用のみで数十億単位の金が必要になるという。政治家にとっての「地盤」は長い間お金を使って培ってきたもので、その金銭的価値は明らかにもかかわらず、世襲議員が地盤を引き継ぐ際には贈与税も相続税も払うことはない。相続税法では、金銭的な価値のあるものはすべて相続税の対象になることからみれば、選挙の地盤が相続税の対象にならないほうがおかしいともいう。  

 世襲政治家が首相として登場してきたのは、平成になって以降(1989年〜)で、6割以上の首相が世襲政治家だという。この世襲首相激増の時代がまさに「失われた30年」、つまり我が国が急速に衰退していった時期と重なる。
 何十年も前からわかっていたはずの少子高齢化も国民の貧困化も、世襲首相たちは傍観するだけで、なんの対策を打てないままに現在に至っている。また統一教会の問題も、利権やしがらみの引き継ぎという世襲政治家の弊害から起こったことでもある。すべて世襲政治家の優遇税制に起因すると指摘しておきたい。
 もちろん、我々有権者の賢明な投票行動でもって防ぐことが可能なはずだが、実力よりも血を重んじてしまうのであろうか。まるで愚かな有権者が、無自覚なまま壮大な実験を国家レベルで行っているかのようである。4月23日の補欠選挙では、山口2、4区の有権者には、候補者本人の資質、人物をしっかり見極めての判断を期待したい。
 ところで自民党山口県連のホームページを確認したところ、山口2区候補者公募受付は要項どおり15日で終了したと思われるが、17日現在、公認候補の発表がない。4区は吉田氏を公認候補として早々に表示していただけに不自然さがのこるが、両区とも告示日は4月11日である。それまでには何らかの動きがあると思われる。 (2023/02)  


<2023.2.17> 

自民党山口県支部連合会トップページ

岸信千世氏の閉鎖前のHPの一部

吉田真次氏のツイッター、ホーム画面

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon 

第124回:世襲政治家天国LinkIcon 

第125回:原発回帰へLinkIcon 

第126回:沖縄県の自主外交LinkIcon 

第127回:衆参補選・統一地方選挙LinkIcon 

第128回:南鳥島案の行方LinkIcon 

第129回:かつて死刑廃止国だった日本LinkIcon 

第130回:使用済み核燃料はどこへ?LinkIcon 

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思うLinkIcon 

第132回:ウクライナ支援疲れLinkIcon 

第133回:辺野古の行方LinkIcon 

第134回:ドイツの苦悩LinkIcon 

第135回:能登半島地震と原発LinkIcon

第136回:朝鮮人労働者追悼碑撤去LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon