いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第125回:原発回帰へ

 昨年、新年早々のこと、欧州委員会は脱炭素のための「グリーン・エネルギー」として原発活用の方針を打ち出した。その後、2月末のロシアのウクライナ侵攻により世界的なエネルギー危機が叫ばれ、3月に入るとヨーロパでは原発回帰論が一気に浮上しはじめた。
 同8月24日、我が国の岸田文雄政権も原発再稼働に向け、「国が前面に立ってあらゆる対応をとる」と大号令を発した。稼働中の原発10基に加え、今年の夏以降には7基を再稼働させて17基体勢に。再稼働だけではない。新増設や建て替え、運転期間の再延長の方針までも打ちだす。
 そして今年2月10日、政府は福島第一原発事故以来の原子力政策を大きく転換する「GX(グリーン トランスフォーメーション)実現に向けた基本方針」を閣議決定した。原発再稼働、新増設、運転期間再延長など、昨年の方針そのままの内容である。
 今年はあの3.11から12年目となるが、これがその姿である。原発については、復興も道半ばにして3.11以前の状況に完全に戻ることになる。震災の記憶や教訓の風化は否めないとしても、政府の姿勢はもっと積極的で、あの原発事故そのものを封印してしまいたいようだ。
 テレビの震災報道も歩調を揃える。津波被害からの復興の様子ばかりで、原発についてはほとんど取り上げられない。国主導ですすめられてきた原発のはずだが、裁判でさえもその事故の責任は国にはないという。
 
 『朝日新聞DIGITAL』(2023年3月5日付)にて「『テロよりも…』柏崎刈羽原発、自治体担当者が訴えた大きな課題」という記事を、目を覚まされる思いで読んだ。
 2021年、新潟県の柏崎刈羽原発はテロ対策上の重大な不備が明らかになり、原子力規制委員会より運転禁止の行政処分が出されていた。昨年12月18日のこと、柏崎市地方は豪雪に見舞われ、市内を走る北陸自動車道が最長52時間、並行する国道8号も38時間の通行止めとなり、国道の車の立ち往生は22キロにおよぶ事態となった。桜井雅浩市長は年が明けての記者会見で次のように語った。
 「こんな状況で原発事故が起こらないでくれよ、と冗談でなく、祈るしかないという感じでした」
 原発の過酷事故に備え、半径30キロ圏内にある各自治体は避難計画をつくっている。それを国との協議のうえ「緊急時対応」としてまとめ、首相が議長の会議で了承を受けるという。ところが、43万7,000人が対象になる柏崎刈羽地域の避難計画はまだできていない。大雪の際の対応が障害となっているのだ。原発事故を想定した場合、柏崎市民約7万9,000人のうち約6万人が西へ避難することが想定され、国道8号が使用できないと不可能になる。
 今年の2月7日、新潟県自治体の防災担当者と、原子力防災を担当する内閣府との間で年1回のオンライン会議が行われた。そこで議論が集中したのが「大雪の際に事故が起きたら避難できるのか」という問題である。柏崎刈羽地域だけではない。小千谷市や長岡市の担当者からも同様の訴えが出た。
 この新潟の会議の3日後の2月10日、豪雪時の避難対策は宙に浮いたまま、先の「GX実現に向けた基本方針」の閣議決定が行われた。今年夏以降に再稼働を予定している7基の原発のなかには、運転禁止中の柏崎刈羽原発6、7号機も含まれている。再稼働の事実上の条件には地元同意と、その前提となる広域避難計画がある。東京電力が新潟県内で開催した住民説明会で、ひとりの女性が訴えたという。
 「大雪で避難できない人間を守ることができないなら、再稼働しないことを求める」
 『東京新聞』(同年3月9日付)によれば、東京電力は柏崎刈羽原発の行政処分解除を見込んで、10月に7号機の再稼働を予定していた。しかしながら原子力規制委員会は、テロ対策は不十分として再稼働困難としているようだが、そこでは、豪雪下の原発事故での避難にはまったく触れられていなかった。
 
 昨年2月24日、ロシアはウクライナ侵攻を開始した当日、キーウの北100キロのプリピチャ市にあるチョルノービリ(チェルノブイリ)原発を攻撃、掌握した。1986年の事故後、廃炉作業が続けられていた原発である。占拠は3月30日まで続き、数百人の作業員は武装警備員の監視下におかれ、核研究施設への被害もあった。
 同3月4日、ロシア軍はさらに南東部に位置するザポリージャ原発も攻撃。6基ある原子炉のうち3基が稼働中だった。外部電源が一時喪失したが、のち復旧。原発一帯はいまも占拠状態にある。
 ジュネーブ条約は、原発などの「危険な力を内蔵する工作物」への攻撃を禁じているが、過去にも原発や核施設への攻撃はあったし、今後も起こりうることだ。
 資源エネルギー庁のHPの「日本の原子力発電の状況」によれば、日本には再稼働・設置変更許可・審査中・廃炉などを合わせると、51基の原発がある(2023年2月24日時点)。日本政府は軍事攻撃を想定のうえ、厳重に警備するというが、原発特別警備部隊の設置や自衛隊の活用を検討という程度で、盤石の備えにはほど遠い。
 そんな状態でも戦争の準備に突き進むのだろうか。ウクライナにしろ台湾有事にしろ、戦争状態にある一方のみに肩入れすれば、もう一方を敵に回すことになり、我が国も戦争当時国になる。いま、まさにその方向へと動いている。
 
 『東京新聞』(同年2月22日付)特報面「使用済み核燃料どう守る」では、各原発の貯蔵プールに保管されている使用済み核燃料の危険性に焦点を当てている。
 原子炉内で4〜5年使用されて取り出された核燃料は、まだ発熱量や放射線量も高く、原子炉建屋内の貯蔵プールに保管され、水を循環させて発熱量を下げていく。
 武力攻撃によってその水が遮断されたり、貯蔵プールの破壊で使用済み核燃料がむき出しになれば、もはや人間が建屋に近づくこともできず、取り返しのつかない事態となる。
 国内の原発で貯蔵している使用済み核燃料は約2万トン、青森県六ケ所村の再処理工場では約3,000トン。その多くが貯蔵プールで保管されている。原子炉はある程度堅牢ではあるが、貯蔵プールは脆弱なものだという。
 経産省では「原子力規制委員会が一元的に所掌している」と国会答弁し、原子力規制委員会は「原子炉等規制法は、武力攻撃を想定していない」と答えるのみである。つまりいまのところ、何の対策もしていないに等しい。
 
 こんな状況下でも、岸田政権は「原発の最大限活用」を訴える。国会で原発の安全性を問われた岸田首相は正面から答えることを避け続ける。原発を使い続ければ貯蔵プールに保管される使用済み核燃料は増え続けるし、使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分問題もある。政府は「国の責任で取り組んでいく」と応じるが、その対策は容易にすすめられるものではない。
 3月10日、原子力規制委員会の山中伸介委員長は「原子力に100%の安全はない」と訓示を垂れた。100%の安全もなければ、事故が起きれば航空機墜落事故のレベルではない大惨事となり、戦争になれば真っ先に攻撃対象にされる。おまけに、どうにも手に負えないゴミを出し続ける。原発とはそういう存在であることを肝に銘じなければならないのだが、このままではいずれ大惨事が起きる。 (2023/03)


<2023.3.14> 

6基の原子炉建屋と左端の冷却塔からなるザポリージャ原発。左から2番めの建物と2本の煙突はザポリージャ火力発電所(「ウィキペディア」より)

原子力発電所の現状(資源エネルギー庁HPより)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon 

第124回:世襲政治家天国LinkIcon 

第125回:原発回帰へLinkIcon 

第126回:沖縄県の自主外交LinkIcon 

第127回:衆参補選・統一地方選挙LinkIcon 

第128回:南鳥島案の行方LinkIcon 

第129回:かつて死刑廃止国だった日本LinkIcon 

第130回:使用済み核燃料はどこへ?LinkIcon 

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思うLinkIcon 

第132回:ウクライナ支援疲れLinkIcon 

第133回:辺野古の行方LinkIcon 

第134回:ドイツの苦悩LinkIcon 

第135回:能登半島地震と原発LinkIcon

第136回:朝鮮人労働者追悼碑撤去LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon