いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐって 


 7月18日、アメリカのナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問予定が、イギリスの「フィナンシャル・タイムズ」で報じられた。そのタイミングが最悪だった。
 6月中旬のアメリカのサリバン大統領補佐官と中国の楊潔篪[よう・けっち]政治局員との協議、7月9日のブリンケン国務長官と王毅国務委員兼外相の協議など、米中高官級協議が立て続けに行われていた。両国の首脳会談、台湾やウクライナ問題などのテーマについての話し合いだったとされている。
 「フィナンシャル・タイムズ」のスクープが報じられたのは、その米中首脳会談の日程が決まりかけていた矢先のことだった。タイミングがよくなかった。
 そもそも中国にとっての台湾問題は内政事案で、他国が口を挟むことではない。アメリカ政府にしても、中国が求めている「ひとつの中国政策」を認め、台湾との国交を断ち、内容の曖昧な「台湾関係法」での交流にとどめている。
 中国にとっては、2012年の日本政府による尖閣諸島国有化と同様、いきなり喧嘩を売られたに等しい。「ペロシ議長が台湾を訪問すれば中国の主権と領土の一体性を深刻に侵害することになる」として猛反発したが、バイデン大統領は政権としての立場とは違うと表明するしかなかった。
 こうして、予定されていたバイデン大統領と習近平国家主席との首脳協議は、急遽7月28日に行われた。しかし当初の内容から大幅に変わり、2時間17分におよぶ電話協議の3分の2以上がペロシ議長訪台をめぐる応酬に費やされることになった。
 「JIJI.COM」(2022年7月29日付)によれば、習主席は「火遊びすれば必ず焼け死ぬ。アメリカ側がこの点を理解することを望む」と中止を迫り、バイデン大統領は「訪問は発表されていない。彼女の決断次第だ」と語るにとどめたという。
 習主席は「止められないのであれば、台湾有事を想定した強硬な軍事演習を行わざるを得ない。しかしいまは米中戦争をする気はない。不測の事態が起きないようにアメリカには自制的に対応してもらいたい」と伝え、バイデン大統領も「ペロシ議長訪台には反対だが、止められない。それだけは理解してもらいたい。戦争を避けたいのは自分も同じだ」と応じたというが、この部分は天木直人氏の推測である(「天木直人氏メールマガジン」同年8月14日付)。
 米中間の関係改善を図ろうと模索していた首脳協議が、ペロシ議長訪台でぶち壊しになったのだ。ただ、ペロシ議長が乗った飛行機を撃墜するという中国側の警告をうけて、米軍による台湾東方近海へのロナルド・レーガンをはじめとする艦船の配備も、離台直後に展開された中国軍の強硬な合同軍事演習もすべて、ほぼ茶番に近いものだったようだ。まったく無駄な経費だった。

 今年82歳になるペロシ議長は、アメリカでは「人権重視のリベラル派」を代表する存在であり、中国政府への批判的な姿勢を貫いてきた「天敵」だという。同氏はワシントン・ポスト紙の寄稿で「日増しに高まる中国共産党による台湾侵攻の危機に臨んで米国議会の代表が台湾を訪問することは、圧力に直面する台湾と米国がともにあるという明確なステートメントになる」と訪台の目的について語っている。
 しかし、今年11月の中間選挙では所属する民主党は劣勢模様で、政治家として最後の年になる可能性もあり、「下院議長として25年ぶり」となる訪台を業績として残したかったというところが本音ともいわれている。
 下院議長は大統領が職務遂行不可能になった場合の継承順位が副大統領に次ぐ要職だけに、中国も黙って見過ごすわけにもいかなかった。ホワイトハウス高官や軍幹部がペロシ議長説得に懸命に動いたようだが、三権分立が徹底しているアメリカでは、行政トップの大統領といえども、議会トップの議長に命じることはできない。他方、仮に中国の反発をうけて訪台を見送った場合、議会が弱腰とみられる懸念さえもあった(『東京新聞』同年8月3日付)。

 こうしてペロシ議長と下院議員団一行は、アジア歴訪の旅に出発した。7月31日に給油のためにハワイに立ち寄っているが、いつワシントンを発ったものか発表がない。中国を刺激しないように、こっそり出発したようだ。しかも正式発表された訪問国はシンガポール、マレーシア、韓国、日本だけで、台湾は含まれていなかった。
 8月1日、ペロシ議長はシンガポールに到着、リー・シェンロン首相と会談をした。台湾訪問が発表されたのは、その翌日、2日にマレーシアを訪問してからだった。そしてその夜には台湾へ入った。
 7月にペロシ議長訪台が報じられて以降、蔡英文総統はずっと沈黙を貫いていた。中国を刺激することを避けたのは当然だが、アメリカにも遠慮したのであろう。総統が吹っ切れた様子をみせたのはペロシ議長との会談からだった。「台湾をはじめ世界中で民主主義を守るという決意は揺るがない」と台湾への支援を表明したペロシ議長に対し、蔡氏は「われわれは国家の主権を堅持し、民主主義の防衛戦を守り続ける」と応じ、勲章を授与した(『東京新聞』同年8月4日付)。

 3日夕方、ペロシ議長一行は台湾から韓国へと移動した。驚いたことに尹錫悦[ユン・ソギョル]大統領は、夏休みを理由に議長との会談を避け、電話協議にした。疫病神から逃げたのかと思ったら、天木氏曰く「事前に外交ルートを通じてバイデン大統領に伝え、了解をとったうえでのこと」とのことである。
 韓国は8月24日の中韓国交正常化30周年をひかえ、中国との関係をいま以上に悪化させることはできない。バイデン大統領自身もペロシ議長を止めたいぐらいだったのだから納得するのも簡単だ。しかしながら日本は韓国とは異なる。アメリカと同盟関係にある日本の首相が下院議長に会わないという選択肢はなく、早々に岸田文雄首相とペロシ議長の会談を発表した。そこには日中関係はまったく考慮に入っていない。
 その結果、8月4日に予定されていた王毅、林芳正両外相の会談は、直前になってキャンセルされた。5日、ペロシ議長は岸田首相と朝食を交えて1時間ほど会談を行ったあと離日した。9日には、韓国の朴振[パク・ジン]外交部長官が中国を訪問し、王毅外相と中韓国交正常化30周年をめぐる協力について話し合っている。
 そして14日、対面による米中首脳会談が11月に行われることが発表された。ペロシ議長訪台がなければ、もっと早く行われていたはずの会談の仕切り直しだが、そこへアメリカの5人の議員団訪台のニュースが入ってきた。バイデン大統領も困惑であろう。これでは仕切り直しの首脳会談もどうなるかわからない。
 天木氏曰く「バイデン大統領の真の敵は習近平国家主席ではない。米国議会だ。習主席の敵はバイデン大統領ではない。米国議会だ」。
 台湾にとってもメリットは薄く、中国・アメリカにとってもデメリットばかりが目立つ、お騒がせなペロシ議長の行動だった。習近平国家主席、バイデン大統領ともに好きな政治家ではないが、それにしても両者には同情したくなるような一件だった。
 ところで今年の9月29日は、日中国交正常化50周年にあたるのだが、岸田首相が中国を訪問し、習主席とじかに会うようなら「おおっ!」と叫んで見直してやりたいのだが、そういうひとではなさそうだ。 (2022/08)


<2022.8.17> 

ナンシー・ペロシ下院議長(アメリカ合衆国下院HPより)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon