いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第87回:馬毛島買収をめぐって

 米軍によるイランのソレイマニ司令官殺害という、騒がしい年明けとなった。アメリカのトランプ大統領は自らの指示と胸を張っていたが、日を追うにつれ、殺害の根拠とされた「差し迫った脅威」は曖昧なものだったことが明らかになってきた。それでも謝罪どころか、反省の姿勢もみせることがない。かつてのイラク戦争そのままではないか。
 イランは、イラクの米軍基地へと反撃に出たものの、人命には影響がないように最大限の配慮をしたうえでの攻撃で、「お見事!」と思わせたが、ウクライナ航空機撃墜という大きな誤射を犯してしまった。イランに次ぐ多くの犠牲者をだしたカナダのトルドー首相は、イランに責任を果たすように求めると同時に、アメリカの行動に一因があったことを非難することも忘れなかった。よくぞ言ってくれた。ついでにイラン核合意当時国のイギリス・ドイツ・フランスの各首脳は、離脱したアメリカに復帰を迫るべきではないだろうか。

  アメリカとイランの緊張激化の報道に埋もれるように、『東京新聞』(2020年1月12日付)には、「アジアに新部隊配備」という気になる記事があった。
 1月10日、アメリカのマッカーシー陸軍長官が、サイバー分野や極超音速ミサイルの運用などの領域で作戦を実施する新たな部隊を、インド太平洋地域の2カ所に配備する方針を示したという。アメリカのメディアは、その配備先候補として「南西諸島が位置する『台湾以東の島々』とフィリピン」を挙げている。軍事力を増大させている中国やロシアに対抗する狙いがあり、来年にはひとつめ、再来年にはふたつめの部隊を配備するという。
 「台湾以東の島々」とは、またなんとも厄介なことを言いはじめたものだ。これは南西諸島、いや日本列島全体を指しているのであろうか。南西諸島には、まさに日本政府が新たな自衛隊の基地を建設中である。アメリカ側の念頭には、自衛隊の基地利用があっても不思議ではない。
 『沖縄タイムス』『琉球新報』も探ってみたが共同通信の配信記事のみで、『東京新聞』とまったく同じ内容、関連記事もない。ただ昨年10月には、新型中距離弾道ミサイルを、今後2年以内に沖縄から北海道を含む日本本土に大量配備する計画が報じられていた。このふたつの記事はまったく関連がないようだが、アメリカは日本列島を、東アジアの軍事拠点としていることは明らかだ。

 ところで、鹿児島県種子島の西12キロにある馬毛島の買収が昨年末に決着した。この問題については基本的に『東京新聞』を参考にするが、『毎日新聞』(2020年1月5日付)の特集記事が、アメリカ側の反応を含めて詳細に報じているので、双方を参考にまとめてみる。
 馬毛島は鹿児島県西之表市に属する面積8.2平方キロメールの平坦な無人島で、その99.6%は民間企業の所有、残りは西之表市の公有地となっている。河川はなく、電気、ガス、水道も通っていない。
 米軍の空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)は、かつて空母艦載機の拠点だった厚木基地(神奈川県)で行われていた。FCLPとは、陸上の滑走路を空母甲板に見立てて離着陸する訓練で、数機編隊が数分間隔で離着陸を繰り返すため、周辺に騒音被害をおよぼすことになる。その騒音被害軽減のための暫定措置として、1991年から拠点は厚木基地のまま、硫黄島(東京都)で行われるようになっていた。
 そこでFCLPの「恒久的な施設」として浮上してきたのが馬毛島で、2011年には日米共同文書にも明記された。しかし買収交渉は難航し、北九州空港案や馬毛島の収用も検討された。
 日米安全保障条約に基づいて、米軍に提供する土地は所有者との合意のうえで、借り上げたり買収することになるが、合意が得られない場合は駐留軍用地特措法を適用し、強制的に収用もある。ただ、この適用はあつれきを生むため、収用に関しては過去にわずか4件しか例がない。最終的に、菅義偉[よしひで]官房長官の「政権が吹っ飛ぶくらい難しい」との判断から、収用は断念した。
 硫黄島での暫定的な訓練は、艦載機の飛行中にトラブルが発生しても待避する場所がないことから、米軍の内部規則に違反する訓練だった。在日米軍幹部は防衛省に対して「硫黄島での訓練はあくまで例外措置として認めているにすぎない」と、馬毛島の施設整備を迫っていた。
 2017年、トランプ大統領誕生にともなって加速する。政府は地権者である民間企業に45億円という査定額を提示した。さらに同年8月には、在日米軍再編にともない厚木基地から岩国基地(山口県)へと、FCLPの拠点の移駐が始まった。訓練地の硫黄島から1,400キロも離れてしまうことから、米軍は厚木基地での5年ぶりの訓練再開を通告すると同時に、当時のマティス国防長官やハガティ駐日大使まで、口を揃えて岩国から近い馬毛島買収を迫ってきた。
 防衛省側は硫黄島での訓練を懇願したが厚木での訓練が強行され、980件の苦情が殺到した。政府関係者が明かした。「菅氏らがわかったのは、馬毛島を何とかしなければ、アメリカ側は収まらないということだ」
 先に政府が提示した45億円は、2019年1月には160億円までに膨れ上がっていた。しかし同年11月29日には、160億円で地権者と合意、売買契約書を交わした。驚いたことに、当初の査定額の4倍である。この大幅な増額について、官房長官も防衛大臣も「売買額は適正だ」と言うばかりで、根拠を示すこともできず、政府内部からも疑問視する声が上がっていたという。
 『東京新聞』(2018年1月22日付)掲載のふたつのコメントを紹介しておく。まず軍事ジャーナリストの前田哲男氏—「防衛省の過去の民有地買い取り額に照らしても、考えられない値段だ。合理性は一切ない。対中国をにらんだ時、将来の日米共同使用も視野に、手つかずの島を丸ごと訓練地にすることがどうしても必要だったということ」
 そして不動産鑑定士—「類似の取引がないため、適正な価格を導くのは難しいが、土地売買は買いたい側が弱い。そこに国防の事情が加わると、価格はつり上がる」
 苛立つアメリカ側から迫られ、民間企業の言い値のままの決着と思っていたら、企業側の負債もあって、一時400億円の要求もあったという。ともあれ馬毛島は、2022年度にも飛行場など関連施設の工事に取り掛かるというが、地元では騒音や事故への強い懸念があがっている。

  兵器の輸入拡大の問題もある。アメリカからの兵器購入額は、2010年度から2017年度までの7年間で8倍に脹れ上がり、2017年度は38億4,000万ドル(4,224億円)となっている。この兵器調達を主導しているのは官邸や国家安全保障局だが、政府部内で得た証言からは「トランプに何らかの手土産を持たせないと、何を言ってくるか分からない」「自動車関税を上げさせないのは安倍政権の至上命令となった。兵器購入を含め米国にアピールするのはマスト(必須)だ」という実態が浮かび上がってくる(『東京新聞』2020年1月14日付)。要するに、アメリカに買わされているのである。購入が決定済みの地上イージスも同様、我が国が求めてのものではなく、押し付けられているのだ。

 馬毛島での米軍の訓練は我が国の防衛というよりもアメリカの世界戦略の一環だし、兵器の大量輸入も国防とは別の側面のほうが大きいだろう。緊張状態の中東への自衛隊派遣もアメリカからの圧力という。
 こんな折の1月19日、日米安全保障条約の書名から60年を迎えた記念式典が、日本政府主催で行われた。日本側からは安倍晋三首相、麻生太郎副総理、茂木敏充外相大臣、河野太郎防衛相など勢揃いだが、アメリカ政府側ときたらヤング駐日臨時代理大使のみで、副大統領さえ来なかった。まさに植民地扱いである。
 アメリカ追従の安倍政権の支持率は50%に迫り、不支持を上回っている。吸い上げられた税金はアメリカにどんどん流れていくことになるが、今後も、このように付き合っていくつもりだろうか。
 自衛隊の河野克俊前統合幕僚長は次のように語っている。「米国は地域の課題は地域で対処すべきだとの考えに変化している。日本に対する関心が薄らぐことがないようにするには、日本が米国にとって価値がある国になる必要がある」(『読売新聞』同年1月18日付)。これが、多くの人々の考えではないことを祈るのみである。(2020/01)



<2020.1.19> 

馬毛島(Wikipedia より)

在日米軍司令部HP

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon