いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第92回:Black Lives Matter運動をめぐって

 ネット上でたまたま見かけたのだが、ショッキングな記事を読んだ。「HUFFPOST」(2020年6月5日付)にあった「黒人ファミリーの一員になった私。夫の密かな習慣で、黒人が置かれている立場に気づいた」(ハフポスト日本版・井上未雪)である。
 アメリカ・バージニア州で、黒人の夫ウィルさんと暮らす日本人女性、ウィリアムズ友美さん(34)に取材した記事である。
 夫のウィルさんは、近所のコンビニでもどこに出かけるにも髭を剃り、髪や服装をととのえ、突発的に走り出すことをしないようにしている。夫がそんな細かなことに気を配っていることを知ったのは、結婚してからのことだという。
 はじめはたんに自意識過剰なのかと思っていたが、本人に聞いてみると、どんなひとが見ても、自分は危険人物でないことを見た目で主張することが必要なのだという。黒人以外のひとから見たらthug(ちんぴら)のような恰好は、とくに警察から目をつけられやすいから避けなくてはならないという話を聞かされ驚いたという。新型コロナウイルスが流行しはじめた頃も、「黒人がマスクをすると恐怖心しか与えない。誤解されたくない」と、マスクを着けたがらなかったという。
 息子のマイカくんがよちよち歩きをする2歳頃のこと、義母から黒人としての振る舞い方を教えるように言われたという。それはどういうことかというと、「警察の前では抵抗しない、手は見えるところに置く、突発的な動作はしない」ということだった。
 友美さんは、結婚して「黒人ファミリー」の一員となり子どもが生まれると、黒人が受ける視線を肌身に感じるようになってきたが、それでも日本人である自分には「Black Lives Matterってどういうことと思った。全人種みんなの命が大事」なのでは、と。でも義理の両親、友人たちとの対話のなかで、心の底からBlack Lives Matterの意図を理解できてきたという。
 「私は黒人にもなれないし、苦しみはわからないと思うけれど、黒人ファミリーの一員になった日本人の目線で、Black Lives Matterについて伝えたいと思いました」
 友美さんは今回の運動をみて考え、facebookでの発信を開始したという。

 この運動とは、今年5月25日、ミネソタ州・ミネアポリス近郊で、白人警官が偽札使用容疑で黒人男性に手錠をかけ、路面に組み伏せたうえ頸部を膝で押さえて死亡させた事件を発端としてひろがった抗議運動で、Black Lives Matter(通称BLM)をスローガンにしている。ただBlack Lives Matter運動の大本となったのは、2013年2月、アメリカ・フロリダ州で黒人少年が白人警官に射殺された事件で、黒人に対する暴力や、構造的な人種差別の撤廃を訴えている。blacklivesmatter.comというwebサイトも、同年7月に立ち上げられている。

 先のウィリアムズ友美さんについての記事に対し、10代からアメリカで暮らし、黒人男性と結婚した日本人女性は、次のように反論している。
 この話やウィルさんをアメリカにおける黒人の代表のように思わないでほしい。うちの主人はマスクを着けることを躊躇したことはないし、髪や髭をととのえることに神経質になったりしない。どんな白人とも対等に話すし、堂々としている。彼と結婚してから、彼が何らかの差別を受けたことを見たことがない。アメリカで黒人と結婚するには、それなりの覚悟が必要である。こういう記事を書いたとしても、日本人にはなにもできないし、アメリカにおける黒人がみなひどい差別を受けているといったイメージや、勝手な同情だけが独り歩きしてほしくない。

 『東京新聞』(同年6月9日付)に、アメリカ生まれで、アメリカでの取材も多いジャーナリストの木村太郎氏が、「米国人警官との接し方」という記事を書いている。黒人だけではない。アジア系住民と白人警官の問題である。
 白人ではないアジア系の木村氏は、白人警官の機嫌を損ねると何をされるかわからないので、相手が男性警官なら「サー/Sir」、女性警官なら「マアム/Ma’am」と敬称をつけるように心がけているという。飲酒運転の検査で車を止められた場合では、
 「免許証を」
 「イエス、サー」
 「アルコールは飲んだか?」
 「ノー、サー」
 「じゃあ行っていい」
 「サンキュー、サー」
という具合だという。現実に、口答えをした日本人記者が摘発されて、ひと晩留置されたことがあるという。
 この記事には、生中継中の黒人記者が、理由も告げられず白人警官に後ろ手に手錠をかけられて連行され、同じ取材をしていた白人記者はなんの咎めもなかったのだが、その様子はすべて生中継されていたという話も紹介されている。

 こういう記事を読むと、白人ってそんなに特別な存在なのか? と言いたくなってしまうのだ。アメリカに限らず、白人中心の社会の多くではよく起こることと理解しておいたほうがよいのであろう。
 ところで、初めの黒人の夫ウィルさんと木村太郎氏の行動は、よけいなトラブルを避けるためのものだろうが、2番目の黒人の夫はいつも堂々としていて立派な方だと思う。ただ、相手の白人によっては、いつなにが起きるかわからないリスクと背中合わせのもので、そのことをさほど自覚していない様子にちょっと心配になる。

 冒頭の記事を読む数日前のこと、黒人の親が自分の子どもに、白人警官相手に黒人としての振る舞いを教える動画を、偶然YouTube で見ていた。日本語字幕付きである。親は身ぶり手ぶりをまじえて優しく教えているが、子どもは何度も顔を崩して泣き出し、そんな子どもを親が抱きしめる様子が収められていた。これもショッキングなものだった。
 おそらく白人家庭に生まれた子どもは、日常生活のなかで親の振る舞いから、黒人やその他の民族との接し方を学ぶのであろう。その接し方は親によってさまざまなものになる。そうして黒人に対して暴力的な白人もつくられるのかもしれない。同じ国に暮らしていても、各家庭によって、まったく異なる世界があるのだ。

 6月14日、東京・渋谷でも同様のデモが行われた。在日アメリカ人がSNSで呼びかけ、在日外国人や日本の若者3,500人が集まり行進した。主催者は「英語と日本語でこのブラック・ライブズ・マター運動がなんなのか、日本でも発信してきたい。そして日本にも黒人はいて、ともに生きているという事実を共有したい」と語ったという。
 日本では、朝鮮学校が授業料無償化の対象除外となっている問題があるが、2019年、最高裁は除外を適法とした。さらに毎年9月1日、墨田区の横網町公園で行われてきた「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」に対して、東京都は今年の追悼式開催に必要な「公園占有許可」をいまだに出していない。この追悼式に対して歴代都知事は追悼文を寄せてきたが、小池氏は都知事就任直後の2016年は送ったものの、翌年からは送っていない。ほかにも出入国在留管理庁(入管)の収容施設での扱いが、欧米人の場合とその他の国のひとではまったく異なる例や、沖縄出身者を入居拒否するマンションの話もいまだにある。
 日本では、入管の収容施設をのぞけば暴力的なものは少ないが、ここであげたような根深く存在する差別が、Black Lives Matter運動と同列に扱ってよいものかどうか、ぼくには理解できていないのだ。 (2020/06)


<2020.6.17> 

blacklivesmatter.comのトップページ

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon