いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第138回:リニア中央新幹線と川勝騒動

 静岡県の川勝平太前知事は4月1日、新人職員への訓示のなかでとんでもないことを言ってしまった。テレビ・新聞はこの話題で大騒ぎだったから、ここで改めてその内容を記すまでもないだろう。
 リニア中央新幹線には頑として反対の姿勢を貫き、小欄でも紹介した「南鳥島の核最終処分場」の提案にも関わっていたので応援するところもあったのだが、これで辞職は残念とはいえ、知事の職も少々長すぎた。ここいらで引退でよいと思う。
 それにしても発言後の対応は見苦しかった。「部分的に切り取られたものだ」と言ったところで、いまの時代いくらでも検証可能である。早々に「言ってしまったものは謝罪するしかありません」と、頭を下げるべきだった。
 不思議に思うのだが、ごく普通の感覚の人であれば、あのような発言はしないだろうと思う。話す内容を考えている段階で自ら気がつくはずだと思う。にもかかわらず、川勝氏は言ってしまった。ここでふと思い浮かぶのが、あの麻生太郎氏である。
 この両氏、向いている方向は異なるのだが、どちらもどこか感覚がずれたところがあるようだ。ともに良家の出身のようだが、それ故とも考えにくい。
 
 川勝氏に怒り心頭だったのが大村秀章愛知県知事だ。何しろ同知事はリニア中央新幹線の沿線自治体でつくる建設促進期成同盟会会長という立場であり、この5月末に就任予定の新静岡県知事とともに一日でも早い開通を訴えたいのだ。
 小欄「106.リニア中央新幹線」(2021年8月)でも、「静岡県知事が川勝氏から別の人間に交替した途端、一気に工事が進む可能性もある」と記しておいたが、現実はそれほど容易ではないようだ。
 JR東海はこの3月29日、品川ー名古屋間の2027年の開業断念を表明している。その理由について、当初は静岡工区の着工が見通せないことをあげていたが、より取材を進めると必ずしもそうではなかった(『東京新聞』2024年4月6日付)。
 甲府市と山梨県中央市にまたがる山梨県駅(仮称)、長野県飯田市の座光寺高架橋は、ともに来年度の着工予定だ。工期6年8カ月、5年10カ月を要し、完成はともに2031年の予定という。第1首都圏トンネルの調査掘進は機器の故障で工事は中断したままで、愛知県でも未着の調査掘進があるという。そういう実態を隠しながら、すべて静岡県に、川勝前知事に押し付けてきていたのだ。
 
 さて、京都育ちの川勝氏だが、静岡県知事のブレーンとして活動したことが縁で、みずからの立候補に至ったようだ。2009年の初めての選挙は僅差で当選したが、13年、17年、21年の知事選すべて圧勝である。川勝前知事のリニア中央新幹線との向き合い方を、静岡県民の多くは支持してきたのであり、県民の民意なのだ。
 『静岡新聞』(2021年10月28日付)に「丹那トンネル工事被害 文献調査」という記事があるが、この記事を参考にする。
 丹那トンネルは東海道本線熱海駅―函南駅駅(ともに静岡県)間に位置する延長7.8キロメートルのトンネルで、1918(大正7)年3月に着工し、34(昭和9)年12月に開通した。湧水による水没で、作業員67人が犠牲になった難工事として知られている。
 静岡県は2021年10月26日、この工事に伴う渇水被害について行った文献調査の結果を発表している。もちろんリニア中央新幹線の南アルプストンネル工事に伴う大井川の水問題の参考にするためである。
 この難工事のために、地下にたまった高水圧の水を掘削時に出し切る工法として「水抜き」が開発された。調査によると、丹那盆地での渇水被害が確認されたのは1924(大正13)年秋、旧鉄道省が調査に乗り出したのは27(昭和2)年である。
 工事による湧水の枯渇が確認されたのは66箇所。断層に沿っていて、トンネルから離れた場所でも確認された。地表の湧水に影響を与える地下水位は掘削の進行につれて下がっていき、トンネルの位置付近までになったという。掘削期間中にトンネルから流出した水量は芦ノ湖3杯分、計6億トンに及んだ。
 この「水抜き」工法は、今回のリニアのトンネル工事でも採用される。JR東海側は、着工後に影響を調べるモニタリングを行うと主張したが、静岡県の担当者は「着工前に、影響を回避・低減する対策を考えるのが先」とやり込まれている。
 川勝氏は、こういった資料を探しだして提示してくれていた。ネット検索でもスキャニングされたこの記事がスーッと出てきたことに驚いたが、それも静岡県が仕組んだことなら面白い。JR東海にとっては手強い相手だったのではあるまいか。
  
 リニア中央新幹線と原発の関係にも触れておかなくてはならない。
 認知学者苫米地[とまべち]英人氏はテレビ番組で、「リニアは新幹線の4倍の電力を使う。つまり原発再稼働が前提なんですよ」と述べている(「東スポweb」同年4月9日付)。科学史家山本義隆氏の『リニア中央新幹線をめぐって』(みすず書房、2021年)でも同様なことに触れているが、それに対してJR東海側から反論はないという。
 すでに高度成長が終わり、電力需要が頭打ちになっていた1990年代でも、日本政府は原発拡大方針を変えず、各電力会社に原発新設を求めていた。もう原発はいらないという動きにはならなかった。そこで見出されたのがリニアモーターカーだった。
 安倍晋三元首相のブレーンでもあったJR東海葛西敬之[よしゆき]会長主導で、リニア中央新幹線計画が進められた。当初の民間事業は、法律改正によって3兆円の財政投融資が投入される国家的プロジェクトとなった。そこに、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)と中部電力浜岡原発(静岡県)が欠くことのできない原発として位置づけられた。あくまでも原発政策維持のためのリニア中央新幹線計画だったという。
 この3月19日、柏崎刈羽原発再稼働への同意が新潟県知事に要請され、4月15日には7号機原子炉へ核燃料を入れる「装荷」作業が始まった。再稼働は地元同意が必要だが、「装荷」作業は不要である。浜岡原発も3号機、4号機の再稼働前提となる審査が行われている。リニア中央新幹線の工事は遅れても、原発は再稼働に向けて着々と作業が進められているのだ。
 では、国はどうして原発にこだわるのか。次は『朝日新聞』(1992年11月29日付)に掲載された山本も引用している外務省幹部の談話だが、これが1958年の岸信介政権以来、連綿と受け継がれてきた政府方針だという。
 「日本の外交力の裏づけとして、核武装選択の可能性を捨ててしまわないほうがいい。保有能力は持つが、当面、政策として持たないという形でいく。そのためにもプルトニウムの蓄積と、ミサイルに転用できるロケット技術は開発しておかなくてはならない」
 原発は核武装のツールなのだ。原発維持は国策であり、司法判断もそれに沿ったものになっている。リニア中央新幹線は無用の長物であろうとかまわないのだ。消費電力さえ大きければよい。
 厄介なことに、これは政治家ではなく幹部官僚の談話で、幹部官僚内でも連綿と受け継がれているということだ。今後も、2009年の民主党への政権交代程度のことではびくともしない。政権交代時には幹部官僚も大幅に入れ替え、正面からアメリカとも交渉できる強力な政権でなくては覆らないのだ。
 まずは、新静岡県知事の誕生を見守ることになる。 (2024/04)


<2024.4.17> 

リニア中央新幹線L0系改良型950番台車両(「Wikipedia」より)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon 

第124回:世襲政治家天国LinkIcon 

第125回:原発回帰へLinkIcon 

第126回:沖縄県の自主外交LinkIcon 

第127回:衆参補選・統一地方選挙LinkIcon 

第128回:南鳥島案の行方LinkIcon 

第129回:かつて死刑廃止国だった日本LinkIcon 

第130回:使用済み核燃料はどこへ?LinkIcon 

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思うLinkIcon 

第132回:ウクライナ支援疲れLinkIcon 

第133回:辺野古の行方LinkIcon 

第134回:ドイツの苦悩LinkIcon 

第135回:能登半島地震と原発LinkIcon 

第136回:朝鮮人労働者追悼碑撤去LinkIcon 

第137回:終わりのみえない戦争LinkIcon

第138回:リニア中央新幹線と川勝騒動LinkIcon 

第139回:ある誤認逮捕LinkIcon

第140回:日本最西端の島からLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon