いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思う

 8月24日午後、東京電力は福島第一原発にたまっている汚染水を浄化処理した水の海洋放出を開始した。ジャーナリストの青木理氏によると、海外主要メディアはこの水を「汚染水」「放射性水」「放射性処理水」「放射性排水」などと表現しているそうだが、とりあえず「ALPS(多核種除去設備)処理水」としておく。
 ALPS処理水は海底トンネルを通して沖合約1キロの海底から24時間態勢で放出され、今回は17日間で7,800トンを流す予定だ。8月時点の全貯蔵量は約134万トンで、廃炉完了まで約30年続けられるというが、それでは終わらないともいわれる。
 すでに我が国は、2011年の同原発メルトダウン事故で大気中へ、海洋へ、土壌へ、河川へと膨大な量の放射性物質を拡散させた。にもかかわらず12年が過ぎて、今後数十年にわたってALPS処理水の海洋放出を続けるという。こういう厄介なものは、基本的には外に出してはいけない、せめて国内に留めておくべきものだろう。
 調べてみると、海洋放出以外にいくつかの方法もあって表向き検討したことになっているが、ひらかれた議論もないまま、はじめから海洋放出ありきで進められたようだ。結局「安くて手っ取り早い方法」というところに落ち着いたのだ。
 「処理水の放出は日本政府による決定であり、この報告書は日本の方針を推奨するものでも、支持するものでもありません」
 これはIAEAの報告書にある記載だが、IAEAは海洋放出にお墨付きを与えてはいないし、日本政府に他の方法を提案することもなかった。IAEAにはあまり多くを期待していないが、せめて今後も日本政府、東京電力の作業をしっかり監視してもらいたいと願うばかりだ。
 
 通常の原発からの排水には炉心を通る冷却水もあるが、それはステンレス製の被覆管に覆われた燃料とは直接触れることはない。ただ、運転によって原子炉内で生成されたトリチウムを含むという。
 福島第一原発の1〜3号機の汚染水は、被覆管も燃料もドロドロに溶け落ち、格納容器の底にあるデブリを直接冷却したもので、数多くの放射性物質(核種)が含まれている。それをALPSで浄化処理しているが、トリチウムは除去しきれずに残っている。こういった海洋放出例は過去にないという。
 政府は、ALPSによってほとんどの放射性物質は取り除かれ、残存するトリチウムも海水によって希釈され、国際的な安全基準はクリアされているため、人体や環境への影響は無視できるレベルにとどまるという。
 しかしながら、この問題を以前より追ってきているフリーランス・ライターの木野龍逸氏によれば、ALPSではトリチウム以外にも12核種が除去しきれずに残っていることがわかっているという。しかもサンプリング検査しか行っておらず、すべてのタンクの汚染水を調べたわけでもなく、含まれている放射性物質がすべて判明しているわけでもない。今後も東京電力がモニタリングを続けるというが、東京電力のデータは信用できないともいう。これまでも何度も検査分析ミスを起こしていて、外部の多数の研究者が検査データをひろく公開して監視可能な状態にすることを要求しても、頑としてデータの公開を拒んでいるという(木野龍逸「なぜ東電は問題だらけの汚染水の海洋放出に追い込まれたのか」2023年8月26日付)。
 こういうALPS処理水を安全といってよいのかどうか。ほぼ問題ないといわれるトリチウム自体の危険性を訴える専門家もいるのである。
 1979年のスリーマイル島原発メルトダウン事故の裁判では、「たとえ環境基準を満たす水であっても、スリーマイル島原発由来の水はサスケハナ川に流さない」という和解条項を電力会社が受諾したという(烏賀陽弘道氏X〈旧ツイッター〉同年9月2日付)。
 ALPS処理水を数十年も流し続ける間には人為的ミスを含め、何が起きても不思議ではないというのが現状であろう。日本政府や東京電力が信頼に足るかどうかにある。「専門家は嘘をつき、国も企業も事実を隠蔽する」は、水俣病の教訓だった。
 
 海洋放出をめぐり中国政府が日本産水産物の禁輸措置に入ったことに関し、野村哲郎農水相の「まったく想定していなかった」との発言には驚いた。2021年4月、菅義偉前首相による放出方針発表当時から中国は何度も抗議声明を出していた。今年4月の日中外相会談での話し合いでも平行線に終わり、岸田文雄首相がバイデン大統領の支持を取り付けての放出開始だった。岸田首相は遠くのアメリカには飛んでいくが、より近いはずの中国へは足取りが重くなりがちのようだ。
 IAEAのラファエル・グロッシ事務局長はTBS「報道特集」(2023年8月26日放映)のインタビューで「謙虚さをもって説明を続け、彼ら(漁業関係者)の信頼を得なければ未来はありません」と応えていた。
 「彼ら」とは漁業関係者に限らない。抗議していた中国や韓国、太平洋諸島18カ国も含まれる。代理人ではなく岸田文雄首相みずから赴き、なぜ習近平国家主席や各国首脳と向き合えなかったのか。
 我が国は中国包囲網構築を進めるアメリカに足並みを揃え、関係諸国を回って協力を求めてきた国である。2012年の尖閣諸島国有化もあった。中国相手に喧嘩を仕掛けたり、追い詰めたりしているのはこちら側なのだが、日本側にはその意識が希薄なようだ。事前に、より慎重な、誠意をもった対応があってしかるべきだった。
 おそらく政府内部では、そういう話も一度くらいは出たのではなかろうか。でも、結果的にはやめた。福島県の漁業関係者との面会も、同様にやめたのであろう。
 外交への影響は大きい。8月末の山口那津男公明党代表の訪中は延期となった。9月5日から10日までASEAN首脳会議、G20と続くが、G20に出席予定だった習首席は欠席となった。ASEAN首脳会議では、李強首相との会議での発言以外は立ち話程度だ。
 その会議の映像を観て驚いたのだが、岸田首相は今回の海洋放出は当然のことという姿勢だ。自然環境に流してはいけないものをやむを得ずという様子はなく、世界に対しての謝罪などあるはずもない。
 これは当初より政治の問題である。科学的根拠を持ち出したところで、中国包囲網の要、アメリカ主導でつくられたIAEAに対して中国は信頼をおいていない。経済的依存度の高い中国と今後どう付き合っていくつもりなのか、岸田首相の姿勢がみえない。アメリカに急きたてられるまま、このまま戦争へと突き進むのではあるまいな。
 ジャーナリストの飯田和郎氏による気になる記事を目にした。
 旧日本軍が旧満州へ軍事行動を起こした満州事変が勃発したのは、1931(昭和6)年9月18日である。中国ではこの日に、反日運動の炎が各地で燃えあがったことがあるという。どうやら、今年は要注意のようだ。 (2023/09)


<2023.9.8> 

インタビューに応じるIAEAのグロッシ事務局長(TBSテレビHPより)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon 

第124回:世襲政治家天国LinkIcon 

第125回:原発回帰へLinkIcon 

第126回:沖縄県の自主外交LinkIcon 

第127回:衆参補選・統一地方選挙LinkIcon 

第128回:南鳥島案の行方LinkIcon 

第129回:かつて死刑廃止国だった日本LinkIcon 

第130回:使用済み核燃料はどこへ?LinkIcon 

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思うLinkIcon 

第132回:ウクライナ支援疲れLinkIcon 

第133回:辺野古の行方LinkIcon 

第134回:ドイツの苦悩LinkIcon 

第135回:能登半島地震と原発LinkIcon 

第136回:朝鮮人労働者追悼碑撤去LinkIcon

第137回:終わりのみえない戦争LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon