いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第90回:動きはじめた検察

 いまだ世界は、新型コロナウイルス禍のなかにいる。日本の場合、検査数は以前より増えたとはいうものの、抑えられている実態は変わらず、東京都では「ベッドの空いた分しか検査しない」という、ある都議の発言がツイッターに紹介されていた。つまり、日々発表される感染者数、死亡者数は氷山の一角でしかない。まったく実態がつかめていないのだが、どこかで判断を誤ったのである。日本の医療は「世界の最高水準」と聞かされてきたが、相当お粗末なもののようだ。そして巷では、「医療崩壊」「生活崩壊」という言葉さえ聞こえはじめてきているのだが、いったいどうなるのであろうか。

 そんなさなかだが、検察の動きが激しくなっている。ここ数年、とくに政治家絡みの疑惑や事件があろうがほとんど動きをみせることもなく、その存在すら忘れられていた検察が、ようやく動きはじめた。
 年が明けて間もない1月15、16日、広島市内にある河井案里参議院議員、夫の克行衆議院議員の各事務所、夫妻の自宅マンション、両氏の公設秘書の自宅や陣営スタッフの自宅など計8カ所に、広島地方検察庁は東京地検や大阪地検特捜部からも応援を得て一斉捜索に入った。
 発端は、2019年7月の参議院議員選挙で広島選挙区に立候補した案里氏が、車上運動員へ規定以上の報酬を支給していたことが明らかになり、運動員買収疑惑が持ち上がったことによる。公職選挙法による車上運動員への報酬は日当15,000円だが、この金額で引き受ける人はおらず、規定以上の支給は「商慣行」として定着しているらしい。要するに、他の候補者たちは証拠が残らないように上手く処理しているのだ。
 それがどうして表面化したのか。党内抗争とか、秘書へのパワハラの反逆といったことがあるようだが、この選挙運動を仕切っていたのが案里氏の夫の克行氏であることもあって、夫妻ともども疑惑が増してきていた。ただ、夫妻とも自民党所属の現職議員であり、安倍晋三首相に近いということもあり、あまり大きな問題にはなりそうにもないと思われていたが、『中国新聞』(2020年1月22日付)が報じた1億5,000万円疑惑が拍車を駆けることになった。
 参院選公示前の昨年7月、河井案里氏と克行氏が支部長を務めるふたつの自民党支部に対して、本部から計1億5,000万円が渡されていた。同選挙区で、党公認を得て立候補し落選した溝手顕正氏に渡された資金は1,500万円で、党関係者からさえも「異常な額」との指摘があった。溝手氏は安倍首相批判を繰り返してきていたので、安倍首相による河井夫妻への肩入れとしかいいようがない。
 その後、河井夫妻はもちろん、地元県議・市議関係者の取り調べもひろく進められ、なかには克行氏より20万円入りの封筒を受け取ったと証言する町長まで出てきているので、もう誤魔化しようもないだろう。
 ただ地検レベルでは国会議員の捜査には手が出せないものらしいが、今回の検察の本気度の背景には検事総長の意思があるという。当然、夫妻に渡された血税1億5,000万円の使い道は徹底的に調べられることになる。

 政府は1月31日の閣議において、2月7日付で定年退官する予定だった黒川弘務東京高検検事長について、6カ月の勤務延長を決定した。検察庁法では検事総長の定年を65歳、検事長以下の検事は63歳と定められており、黒川氏は2月8日に63歳を迎える。
 検事総長は、近年の傾向としておおむね2年で交代しているが、本人の意思によっては65歳の定年まで居続けることも可能である。2018年7月に検事総長になった稲田伸夫氏は今年の7月で2年になり、官邸側は黒川氏を次期検事総長に推していた。そのためには、黒川氏の定年退官の2月7日以前に稲田氏が退任してくれればよかったのだが、稲田氏はそれを拒否した。
 そもそも法務省の人事案では、次期検事総長は黒川氏と同期の林真琴名古屋高検検事長の起用だった。黒川氏は2月で定年退官し、後任に林氏をあて、林氏が63歳になる7月30日までに稲田氏が検事総長の座を譲る予定だった。
 通常、こういった省庁の人事に政府は異を唱えることはしない。何か言いたくとも、そこはぐっと堪えるものだが、安倍政権はどうしても口を出したかった。そこで、稲田検事総長は黒川氏の検事総長就任に待ったをかけたのである。それに対抗して官邸側が持ち出したのが、検察庁法を無視し国家公務員法の解釈変更による黒川氏の定年延長という、あまりにも荒いやり方だった。
 当然ながら法曹関係者からは違法の声があがったが、内閣法制局長官は「ウチは意見を聞かれたときに意見を言うだけ。責任は現用官庁にある」と逃げ、法務大臣は解釈変更の理由をまともに答えることもできないまま、政府は問題なしで押し切った形になっている。
 黒川氏こそ、まさに検事総長として官邸が渇望する人物なのである。黒川氏は検察首脳として共謀罪実現に奔走したほか、甘利明前経済再生担当相の口利きワイロ事件のもみ消し、森友学園問題において財務省の公文書改竄事件で佐川宣寿元国税庁長官ら関係者全員の不起訴処分を主導したとされる人物で、「安倍政権のスキャンダルをもみ消す官邸の番人」とも「政権の守護神」とも呼ばれている存在である(「東洋経済 ONLINE」同年2月8日付)。
 先にも述べたように、検事総長の定年は65歳である。現検事総長の稲田氏は65歳になる前日、つまり2021年8月13日まで務めることが可能である。まさか、就任2年の今年の7月での退官など考えにくいのだが、いかがであろうか。
 いまの状況では、次期検事総長を期待された林氏は7月30日での退官は避けられない。6カ月延長となった黒川氏は8月7日がリミットである。稲田氏が7月で退官するなら官邸の望む黒川検事総長の誕生となるのだが、それがなければ黒川氏も検事総長になることなく退官となる。すべて現検事総長の稲田氏の意思にかかっている。
 コロナ禍中にある4月16日、国会では3月に提出されていた検察庁法改正の審議がはじまった。現在63歳の検察官の定年を65歳に引き上げたうえ、政権さえ認めれば定年を超えて勤務できるという政府案には呆れ返ったものだが、執行は2022年からの段階的なものになる。もし仮に稲田氏が8月7日までに退官し、黒川氏が検事総長に就任するなら、政権が望むかぎり黒川検事総長の時代が続くことになりそうだ。
 日本弁護士連合会はすでに声明を出していて、黒川東京高検検事長の定年延長を認めた閣議決定の撤回を求め、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案へ反対を表明し、「法の支配と権力分立を揺るがすものだ」と批判した。

 これまで事件捜査に慎重だった稲田検事総長が、河井夫妻の捜査を指示したのは、安倍政権への意趣返しともみられている。動機はどうであれ、検察はやるべきことは徹底的にやってもらわなくては困る。「どうせ検察は、動きっこないよなー」などと言われるようでは困るのだ。
 ここに稲田氏の検事総長就任時の言葉から引用しておく。
 「検察の使命は、厳正公平・不偏不党を旨としながら、迅速適正に、犯罪の真相を解明し、罰すべきものがあれば、これに対して公訴を提起し、適正な刑罰が科されるようにすることにあります。このことによって、社会秩序を維持し、安全・安心な社会の実現に貢献できるものと考えております」
 河井夫妻の捜査だけではあるまい。桜を見る会の疑惑もあるし、森友学園問題も新たな資料が出てきているのだから、捜査のやり直しも必要と思われるのだが、動きはじめたという報道はまだみられない。「さすが、検察!」とでも言われるような存在感をみせてほしいものである。  (2020/04)


<2020.4.18> 

検察庁のHPより「稲田検事総長の紹介」

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon