いま、思うこと〜提言・直言・雑感〜 工藤茂

第132回:ウクライナ支援疲れ

 昨年2月から始まったロシアによるウクライナ侵攻は、1年半を過ぎたいまも終息しない。ウクライナ側も今年6月から反転攻勢に転じたが、必ずしも思ったとおりには進んでいない。それに長く続く戦争状態が当たり前となり、ウクライナの存在が次第に忘れ去られる可能性もある。恐らくゼレンスキー大統領には相当焦りがある。
 昨年9月に行われた国連総会でのゼレンスキー大統領のビデオ演説は、スタンディングオベーションで迎えられた熱狂的なものだった。今年9月20日(日本時間)、彼は国連総会の演壇に初めて立ち、ロシアを非難したうえで団結と行動を訴えたが、空席が目立ち反応も冷ややかで、もはや昨年の熱気は感じられなかった。
 今年の総会ではプーチン大統領や習近平国家主席の欠席は早くから伝えられ、フランスのマクロン大統領もイギリスのスナク首相も姿を見せなかった。安保理のメンバー5カ国からの出席はバイデン大統領のみ、G7首脳はバイデン大統領と岸田文雄首相だけという寂しさである。
 他方「グローバルサウス」と呼ばれる新興国・途上国の代表格、ブラジルのルラ大統領は「和平を達成することの難しさを過小評価するつもりはない。だが、対話に基づかない解決策はいつまでも続かない」と、和平交渉の開始を強調した(『毎日新聞』2023年9月20日付)。
 こうした「グローバルサウス」の国々にとってウクライナ支援どころではない。直面する貧困や飢餓、自分たちこそ支援を欲しているのだ。一部の国々からは「ロシアが現在支配しているウクライナの領土を明け渡すことで手を打って、即時停戦すべき」という声もあがっている(「NHK キャッチ!世界のトップニュース」同年9月21日付)。
 
 9月30日、ウクライナの隣国スロバキア総選挙において、ウクライナへの軍事支援停止を訴える左派政党「スメル」が第1党に躍進した。10月15日に総選挙をひかえているポーランドでは9月、ウクライナ産穀物輸入規制をゼレンスキー大統領が批判したことから軍事支援の停止を表明した。安価なウクライナ産穀物の輸入で国内農業が打撃を受けることを避けるために実施された措置で、スロバキア、ハンガリーも同様の規制に入っている。ドイツでも、ウクライナ支援継続に懐疑的な「ドイツのための選択肢」という極右政党の発言力が増している。これらを報じる『東京新聞』(同年10月3日付)の見出しは「ウクライナ支援疲れ鮮明」である。
 折も折、最大の支援国アメリカ議会では下院議長解任という混乱で、審議途中のウクライナ支援予算案の行方が案じられる有様だ。議会が追加資金を承認しなければ、ウクライナへの支援はあと2カ月で底を突くという。
 まさに「ウクライナ支援疲れ」顕著である。けっしてロシアを擁護してるわけではなく、世界は一日も早い停戦を求めているのだ。
 
 アメリカのバイデン大統領は10月3日夜(日本時間)、こうした事態を打開すべくG7やポーランド、ルーマニアの首脳らに電話会談を呼びかけ、ウクライナ支援で結束していくことが確認された。同時に岸田文雄首相は来年初め、日本でウクライナ復興支援会議の開催を約束したという。
 この電話会談について天木直人氏は、自身のメルマガ「ゼレンスキーのウクライナに食い物にされる岸田の日本」(同年10月4日付)に次のように記した。
 「バイデン大統領が呼びかけた昨日の夜の日米欧首脳会談とは、日本にウクライナ支援の強化を迫るものだった。(中略)そしてバイデン大統領に命じられるまでもなく、岸田首相はやる気満々だ」
 さらに上川陽子外相の、ウクライナ復興支援会議についての「停戦を待つことなく、人道支援や復旧支援を行うことが必要だ」というインタビューを紹介したうえで、次のように記している。
 「これからますます戦争で破壊されるウクライナを支援することは、ドブに金を捨てるようなものだ」
 以下、天木氏の論を要約して紹介したい。
 すべてはロシアがウクライナ侵攻を始めたときの岸田首相の判断に起因する。あのときゼレンスキー大統領に拍手喝采せずに、まず停戦だと言っていたら、世界の多くの国のように、米露の対立に巻き込まれることにはならなかった。それが憲法9条をもつ本来の日本のとるべき外交だった。自国民の生き残りが第一と、各国がウクライナ戦争から距離をおきはじめているなかで、ひとり日本だけがウクライナ支援の先頭に立とうとしている。
 
 少々話題が逸れる。10月7日、パレスチナ自治区のガザ地区を実効支配するハマスがイスラエルに大規模な奇襲攻撃を仕掛け、イスラエルからの報復攻撃の被害を合わせると、双方の死者1,600人近くに及ぶという。こちらはウクライナ戦争どころではない。1948年のイスラエル建国から続く根の深い闘いだ。
 パレスチナのひとびとの地を占領して建国したのがイスラエルである。今回攻撃したハマスは被侵略者側である。ガザ地区はイスラエルによる壁やフェンスで封じ込められ、電気や水道などのインフラもイスラエルのコントロール下にあり、生活の自由もなかった。ハマスによる反撃と呼ぶのが正しいはずだ。
 これまでもイスラエルとパレスチナの軍事衝突は何度も起きていて、パレスチナはほとんど一方的に攻撃される側で、10対1くらいの割合でパレスチナ側の被害が大きかった。軍事力が圧倒的優位にあるイスラエルはそうして占領地域を拡大していったのである。そのイスラエルをアメリカや西側諸国が支持し、パレスチナは見捨てられ、我が国も安倍晋三政権以降、占領者イスラエルに急接近している。
 今回の攻撃は、そんなイスラエルに対する積年の反発という単純なものかどうかはわからない。ただ、これは残虐なテロだ、民間人まで殺傷し拉致しているという。イスラエルにも非はなかったわけではないが、今回のハマスの行動は到底許されるものではない。およそそのような報道である。少なくともハマスは袋叩きにされ、解体される口実を与えてしまった。今年の7月にはイスラエル軍がヨルダン川西岸地区を最大規模の空爆をしていたが、いずれ殲滅されるのであろうか。しかし、それで終わるわけではない。新たな怨嗟を生む。
 ウクライナ戦争にしろパレスチナ紛争にしろ、停戦に向けて最も大きな影響力をもつのはアメリカだが、そのアメリカには解決に向けて動くつもりはない。 (2023/10)


<2023.10.10> 

バイデン、プーチン両大統領の首脳会談(2021年6月「Wikipedia」より)

いま、思うこと

第1〜10回LinkIcon 
 第1回:反原発メモ
 第2回:壊れゆくもの
 第3回:おしりの気持ち。
 第4回:ミスター・ボージャングル Mr.Bojangles
 第5回:病、そして生きること
 第6回:沖縄を思う
 第7回:原発ゼロは可能か?
 第8回:ぼくの日本国憲法メモ ①
 第9回:2013年7月4日、JR福島駅駅前広場にて
 第10回:ぼくの日本国憲法メモ ②

  
第11〜20回LinkIcon
 第11回:福島第一原発、高濃度汚染水流出をめぐって
 第12回:黎明期の近代オリンピック
 第13回:お沖縄県国頭郡東村高江
 第14回:戦争のつくりかた
 第15回:靖国参拝をめぐって
 第16回:東京都知事選挙、脱原発派の分裂
 第17回:沖縄の闘い

 第18回:あの日から3年過ぎて
 第19回:東京は本当に安全か?
 第20回:奮闘する名護市長

第21〜30回
LinkIcon
 第21回:民主主義が生きる小さな町
 第22回:書き換えられる歴史
 第23回:「ねじれ」解消の果てに
 第24回:琉球処分・沖縄戦再び
 第25回:鎮霊社のこと
 第26回:辺野古、その後
 第27回:あの「トモダチ」は、いま
 第28回:翁長知事、承認撤回宣言を!
 第29回:「みっともない憲法」を守る
 第30回:沖縄よどこへ行く
  
第31〜40回LinkIcon
 第31回:生涯一裁判官
 第32回:IAEA最終報告書
 第33回:安倍政権と言論の自由
 第34回:戦後70年全国調査に思う
 第35回:世界は見ている──日本の歩む道
 第36回:自己決定権? 先住民族?
 第37回:イヤな動き
 第38回:外務省沖縄出張事務所と沖縄大使
 第39回:原発の行方
 第40回:戦争反対のひと

第41〜50回  LinkIcon
 第41回:寺離れ
 第42回:もうひとつの「日本死ね!」 
 第43回:表現の自由、国連特別報告者の公式訪問
 第44回G7とオバマ大統領の広島訪問の陰で
 第45回:バーニー・サンダース氏の闘い 
 第46回:『帰ってきたヒトラー』
 第47回:沖縄の抵抗は、まだつづく 
 第48回:怖いものなしの安倍政権
 第49回:権力に狙われたふたり 
 第50回:入れ替えられた9条の提案者 
 第51~60LinkIcon
    第51回:ゲームは終わり
 第52回:原発事故の教訓
 第53回:まだ続く沖縄の闘い 
 第54回:那須岳の雪崩事故について
 第55回:沖縄の平和主義
 第56回:国連から心配される日本
 第57回:人権と司法
 第58回:朝鮮学校をめぐって
 第59回:沖縄とニッポン
 第60回:衆議院議員選挙の陰で

第61回:幻想としての核LinkIcon 

第62回:慰安婦像をめぐる愚LinkIcon

第63回:沖縄と基地の島グアムLinkIcon

第64回:本当に築地市場を移転させるのか?LinkIcon

第65回:放射能汚染と付き合うLinkIcon 

第66回:軍事基地化すすむ日本列島LinkIcon 

第67回:再生可能エネルギーの行方LinkIcon 

第68回:活断層と辺野古新基地LinkIcon 

第69回:防災より武器の安倍政権LinkIcon 

第70回:潮待ち茶屋LinkIcon 

第71回:日米地位協定と沖縄県知事選挙LinkIcon 

第72回:沖縄県知事選挙を終えてLinkIcon 

第73回:築地へ帰ろう!LinkIcon 

第74回:辺野古を守れ!LinkIcon 

第75回:豊洲市場の新たな疑惑LinkIcon 

第76回:沖縄県民投票をめぐってLinkIcon 

第77回:豊洲市場、その後LinkIcon

第78回:元号騒ぎのなかでLinkIcon 

第79回:安全には自信のない日本産食品LinkIcon 

第80回:負の遺産の行方LinkIcon 

第81回:外交の安倍!?LinkIcon 

第82回:「2020年 東京五輪・パラリンピック」中止勧告LinkIcon 

第83回:韓国に100%の理LinkIcon 

第84回:昭和天皇「拝謁記」をめぐってLinkIcon 

第85回:濁流に思うLinkIcon 

第86回:地球温暖化をめぐってLinkIcon 

第87回:馬毛島買収をめぐってLinkIcon 

第88回:原発と裁判官LinkIcon 

第89回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第90回:動きはじめた検察LinkIcon 

第91回:検察庁法改正案をめぐってLinkIcon 

第92回:Black Lives Matter運動をめぐってLinkIcon 

第93回:検察の裏切りLinkIcon 

第94回:沖縄を襲った新型コロナウイルスLinkIcon 

第95回:和歌山モデルLinkIcon 

第96回:「グループインタビュー」の異様さLinkIcon 

第97回:菅政権と沖縄LinkIcon 

第98回:北海道旭川市、吉田病院LinkIcon 

第99回:馬毛島買収、その後LinkIcon 

  

第100回:殺してはいけなかった!LinkIcon 

第101回:地震と原発LinkIcon

第102回:原発ゼロの夢LinkIcon 

第103回:新型コロナワクチンLinkIcon 

第104回:新型コロナワクチン接種の憂鬱LinkIcon 

第105回:さらば! Dirty OlympicsLinkIcon 

第106回:リニア中央新幹線LinkIcon

第107回:新型コロナウイルスをめぐってLinkIcon 

第108回:当たり前の政治LinkIcon 

第109回:中国をめぐってLinkIcon 

第110回:したたかな外交LinkIcon

第111回:「認諾」とは?LinkIcon 

第112回:「佐渡島の金山」、世界文化遺産へ推薦書提出LinkIcon

第113回:悲痛なウクライナ市民LinkIcon 

第114回:揺れ動く世界LinkIcon 

第115回:老いるLinkIcon

第116回:マハティール・インタビューLinkIcon 

第117回:安倍晋三氏の死をめぐってLinkIcon

第118回:ペロシ下院議長 訪台をめぐってLinkIcon 

第119回:ウクライナ戦争をめぐってLinkIcon 

第120回:台湾有事をめぐってLinkIcon 

第121回:マイナンバーカードをめぐってLinkIcon 

第122回:戦争の時代へLinkIcon

第123回:ウクライナ、そして日本LinkIcon 

第124回:世襲政治家天国LinkIcon 

第125回:原発回帰へLinkIcon 

第126回:沖縄県の自主外交LinkIcon 

第127回:衆参補選・統一地方選挙LinkIcon 

第128回:南鳥島案の行方LinkIcon 

第129回:かつて死刑廃止国だった日本LinkIcon 

第130回:使用済み核燃料はどこへ?LinkIcon 

第131回:ALPS処理水の海洋放出騒ぎに思うLinkIcon 

第132回:ウクライナ支援疲れLinkIcon 

第133回:辺野古の行方LinkIcon 

第134回:ドイツの苦悩LinkIcon 

第135回:能登半島地震と原発LinkIcon 

第136回:朝鮮人労働者追悼碑撤去LinkIcon

第137回:終わりのみえない戦争LinkIcon

工藤茂(くどう・しげる)

1952年秋田県生まれ。
フリーランス編集者。
15歳より50歳ごろまで、山登りに親しむ。ときおりインターネットサイト「三好まき子の山の文庫」に執筆しているが、このところサボり気味。

工藤茂さんの<ある日の「山日記」から>が読めます。LinkIcon